Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
日本より19時間後れだよ。

デザートはワインとケーキ
b0001980_3521188.jpg
11月14日(日)& 15日(月)

好評をいただいております(いただいてないって)、ブロガーさんのお誕生日を遠くから勝手にケーキでお祝いする迷惑企画第2弾は、イタリアはパドヴァにお住まいで、甘いものよりお酒を愛してやまない腕利き料理人、この15日にお誕生日を迎えられたcibifigaroさんへ、マスカットでできたフランスのデザートワイン、Muscat(ミュスカ)で作ったフルーツケーキをミュスカとともに捧げます。かんぱ~い!おめでとう!おめでとう!>cibifigaroさん




なんつって、実は今回もケーキの予定が先にあったんですけどね、、、えへへ。

このケーキは偶然が重なってできました。Trish Deseine著、mes petits plats preferes (2002, Marabout) に載っていた、ドライフルーツとナッツのミュスカ漬けが気になっていたところに、まったく別所でデザートワインとオリーブオイルのケーキを見つけて、どちらも試す予定だったのですが、ケーキを作る段になって、…このフルーツ、漬け込んだはいいけど、そのまま大量には食べなさそうだから、ケーキに入れちゃえ!というわけで一緒にしてみたのでした。(←おおざっぱな人 汗)

b0001980_41178.jpg実はこのほかにもデザートワインを使って作りたいケーキがあったので、大手を振って買ってきた(?)ミュスカ。甘いデザートワインって普段は大量に飲まないので、ボトルで買ったのは初めてかも。
きれいな黄金色で、開栓するとマスカットやはちみつのような甘い香り♪

それでは漬け込み開始。
b0001980_4131833.jpg
ナッツとフルーツは、あれこれ欲張って投入。

b0001980_4164186.jpgナッツはヘーゼルナッツ、カシューナッツ、アーモンド、くるみ、ピーカンナッツ、マカダミアナッツ、ピスタチオ。アーモンドはスペイン産、くるみはフランス産の味が濃いもの。
フルーツはあんず、ビターオレンジ、黒いちじく、白いちじく、桃、グリーンレーズン。黒いちじくと桃はフランス産のセミドライで、ほとんどフレッシュのように柔らかでした。ビターオレンジはスペイン産。開けた瞬間オレンジの鮮烈な香りがしてびっくり。

試しなので少量にできればいいやと思って、各種類少しずつ使ったはずなのに、瓶に入れてみたら結構な量に(汗)。

b0001980_4215772.jpgワインを気前良くだぼだぼだぼ~っと注ぐと、フルーツとワインの香りが合わさって、何ともいえない甘い香り♪

保存は室温でもいいらしいが、うちは暑いので即、冷蔵庫へ。これが1週間ほど前。

b0001980_4244884.jpg途中、何度か様子を見つつ、1週間経ったのがこちら。フルーツがワインをたっぷり吸い込んでプクプクに。

黄金色だったミュスカが全体に黒っぽくなってるのは黒いちじくのせいだろうか??でも香りが練れてきて、ワイン開栓直後の甘い香りとはまた少し違って落ち着いた感じ。

と、ここでようやくケーキ作成。レシピは、Regan Daley著、In The Sweet Kitchen: The Definitive Baker's Companion (2001, Artisan) から。ワインとオリーブオイルを使うケーキを作るのは初めてではないが、デザートワインを入れるケーキは初めてかも。海外のレシピにしては砂糖もそんなにがっちょりという感じではない(著者はカナダ人のパティシエ)。

生地は粉に対して卵が多めで、別立てで作るのでふんわりしそうな感じ。結構なオリーブオイルの量におののきつつ生地作成。作っている最中になって、これはシフォンケーキみたいな感じかも…と思った。あんまり生地がふわふわだと、フルーツやナッツを支えられないんじゃ…と今頃心配になってきた(先に気づけって感じですが 汗)。

とにかく焼いて、できあがりは予想通り、シフォンケーキのようにどーんと膨らんだ(逆さにして冷ましたりはしないので、結構しぼんで落ち着いたけど)。14日の夜これを作って、焼き上がりをひと切れだけ味見してみると、生地はふわんふわん、ワインの香りぷわ~ん。

翌15日、改めてミュスカとともに食べてみました。

b0001980_4333811.jpg生地に対してナッツとフルーツが重すぎるかと心配しましたが、ひと晩置いたら生地が少し落ち着いて、ふわふわなんだけどしっとり。当たり前だけれど、ワインと一緒に食べると、ミュスカの香りが一層引き立って、かなりおいしい!

結構な量が出来たのですが、何せ軽いのですごい勢いでなくなりつつあります(汗)。

そんなわけで、しかと代わりに食べております!>cibifigaroさん
あの、ドライフルーツがお好きでないかも、、、と思い、フルーツなしのプレーン版も一応作っております。あっでももう食べちゃった(汗)。
えと、赤ワインのほうがお好みでしたら、こちらのケーキもあります。あっこれももうないや(大汗)。

とにかく、おめでとぉ~!

+++

関連記事
収穫期のケーキ
ギネスビールのケーキ
ホットワインのケーキ
[PR]
by zochika | 2004-11-16 10:17 | 一日一膳
<< 強引に代用 収穫期のケーキ >>