Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
日本より19時間後れだよ。

頼りにならない記憶
b0001980_256761.jpgThursday, August 19

今日の晩飯は豚肉のチーズ巻きのしょうが焼き。名前は不明です。これは小さい頃大好きだった料理。薄切り肉でプロセスチーズを巻いてフライパンで焼き、焼き汁にしょうゆとおろししょうがをわっと入れて肉にからめるというもの。普通の豚のしょうが焼きも大好きだけれど、このチーズが入っているところがまた甘美で(?)、しょうがとしょうゆのパンチの効いた味に、ご飯がご飯がススム君(古すぎ)でした。

しかし、こんなに大好きだったのに、自分ではほとんど作った覚えがないので、思わず母にメールを書いて作り方を尋ねてしまった。




そしたら、驚愕の(?)事実が判明。わたしがずーっと「これは豚肉のための料理!」だと思っていたものは、母によると「牛肉のほうがおいしいよ」とのこと。。。
普段は牛肉が苦手だった母がそう言うのだから、よっぽどおいしいに違いない。…ひさしぶりにアレが食べたいな~と思い、昼のうちに豚肉を冷凍庫から出して準備開始してたのに。同居人は豚肉が苦手だが、ま、いっか~♪と、わざわざ豚肉にしたのに。。。

ま、豚肉でもいけないことはないので、とにかく作った。日本でならどこでも手に入る薄切り肉もこのへんでは見かけないので(頼めば切ってくれるんだろうけど)、手元にあるのはポークチョップ用の肉。瓶の底やら包丁の背やらで叩いてみたけれど、しゃぶしゃぶできるほど薄切りにはならないので、仕方なく、削ぎ切りのように斜めに包丁を入れて薄切りチャレンジ(←無謀)。
結果は、(予想はされたことだが)「大き目の小間切れ」みたいなことになった。これで肉を巻くのは難しそう、、、と思ったが、とにかく巻く。ホントはプロセスチーズ(昔はチーズと言えばこれだった)で作っていたけれど、今回は家にあったモッツァレラチーズを使用。しょうがもわしわし削って準備。

b0001980_257055.jpgチーズがはみ出ないように気をつけて巻いて、全面小麦粉で覆ったのだが、やはり焼いている途中にとろとろとチーズが溶け出してしまい、出来上がって半分に切ってみたら中が空洞に。。。(悲)

でも、溶け出したチーズも、しっかりしょうがとしょうゆのたれが吸い込んで、それはそれでナイス。ちょっと油が少なかったようで(この料理にしては、という意味で、絶対摂取量が少なかったわけでは決してない…)、汁気が足りなかったけれど、味のほうは、肉の焼き汁としょうが、しょうゆがしっかり味を出していて、そうよそうよこんな味~♪。嬉しくなって調子に乗ってご飯お代わりしてしまった(満腹)。同居人もえらく気に入っていたので(これは一度、日本でウチの母が作ってくれて食べている)、また作ろうっと。今度は牛肉で、初めから薄切りを探すべし。
[PR]
by zochika | 2004-08-21 02:57 | 一日一膳
<< センス 夏らしくない? >>