Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
日本より19時間後れだよ。

アメリカ中西部のフランス料理
b0001980_1818271.jpg11月23日(火)

今日は、同居人の兄夫婦にお誘いをいただいて、晩飯を外食してきました。行った先は、街ではレベルが高いという話のフランス料理店。フレンチなんて最近食ってないぞ~♪と、朝からちょっぴりるんるん気分。(←単純)

そういや、アメリカでフランス料理のレストランに入るのはこれが初めてじゃ…と思っていたら、同居人いわく「(今年の春に行って1泊だけした)フランス以外でフランス料理店に入るのは人生で初めてだ」と。…ああ、そうなの。





8時過ぎに店に着くと、平日の割には混み混み。普段から結構混んでいる店だとかで。
着席してメニューを物色し、ウエイトレスがオーダーを取りに来て飲み物を頼む段になってハタと気づく。

…あ、身分証明書忘れた。。。

…わたしは普段からよく忘れるのだ、これを。料理酒を買いに行ったのにIDを忘れた、、、なんてこともしばしば(汗)。今日は実はウエイトレスが大目に見てくれそうな気配だったのだが、もういいやっと思って水を注文。同居人が「代わりに頼んであげる」と言ってくれたが(※成人が未成年の代わりにに酒を買うのは法律違反です、念のため。わたしは未成年じゃないですが)、別にそこまでして飲みたくないし~と断った。「何でいつも忘れるかなー」とブツクサ言われるが、別にわたしが飲まないだけなんだから、いいじゃん。 (- -")

して、メニュー選び。
サラダや前菜、メインなど、まあまあフレンチなんだけれど、ハンバーガーとかあるあたり、やっぱアメリカなのね。と思っていたら、、、隣のテーブルでおっちゃんが注文していたハンバーガーを横目に見た同居人&同居人兄は、2人揃って「あれウマそうだ、あれにしよう」とハンバーガーに決定。
…フレンチレストランに来てハンバーガー頼むのかよ、と思ったらこっちの気分が萎えてしまった。。。だからというわけではないのだが、鴨肉のオレンジソース添えにでもしようと思っていたがやる気なくしてチキンに変更。(意味不明)

ところで。今日は、写真なしです。m(_ _)m
というのは、店があまりにも高級だったから…というわけではなく、ちょっと同居人兄夫婦の手前、写真をバシバシやるのが憚られたので、カメラは持っていったのですが、いいやっと割り切って1枚も撮りませんでした。(壁の絵だけコッソリ撮影)

というわけで何と図々しくも絵を描いてみました!!
(…こんな夜中にマウスでぷるぷる線引いて、しょぼい絵を描いているわたしって。。。)

b0001980_18444738.jpg前菜がわりにサラダを注文して同居人と2人で半分こ。パリ風サラダという名のサラダは、葉っぱ類の上にロックフォールチーズ、ローストしたくるみ、あめ色になるまで炒めたたまねぎなどが載って、黒い干しいちじくと洋梨のブルゴーニュワインが添えてあった。唯一、フェンネルが入っているのが気に入らなかったが、他の内容はおいしそうだったので頼んでみた。洋梨といちじく、チーズ、くるみがよく合っていて、これはおいしかった。
それから、アーティチョークのグリルも皆でシェアした。グリルしたのは初めて食べたけれど、おいしかった。

b0001980_18462359.jpgメインにはチキンポットパイを注文。…出てきたのは、スープ皿のようなものに入ったシチュー状の食べ物の上に四角いパイ生地がぽこんと置いてあるもの。チキン少なめ、野菜ゴロゴロという、野菜好きにはたまらないけれど「鶏肉料理」を期待して注文した人には物足りなそうな一品。ハーブが効いて、野菜の旨みも出ておいしかった。

…でもこれなら自分でも作れるな。と思ったが黙っておいた。


ちなみにバーガーを頼んだ兄弟は、「今まで食べたハンバーガーの中で1、2を争う出来だ」と口を揃えて大絶賛していた。同居人兄の奥さんも、ちょっと味見して、これはおいしい、と太鼓判を押していた。バーガー好きのアメリカ人3人がそう言うのだから、確かにおいしかったに違いない。ちなみにわたしは味見してないのでわかりやせん。

それからデザートのメニューをもらい、同居人兄の奥さんの命により、4人で4種類頼むことに決定。
…だがしかし。ウエイトレスが来ない。この時点でもう客はまばらになっていたので、目が回るような忙しさだったわけではない。どこか別のテーブルで客と話し込んでしまい、こちらのことを忘れていた模様。しばし待てど来ない。
同居人の家に2歳の息子を預けてきている同居人兄夫婦は、もう子供を連れて帰らないと、と痺れを切らし、ついに同居人兄の奥さんが自らテーブルを立って請求書を持ってくるよう言いに行った。あ~あ、ウエイトレスのお姉さん失態。

客の機嫌を損ねたことに気づいたウエイトレスのお姉さんは、非常に恐縮しつつ請求書を持ってきた後、クレジットカードを受け取りに来た際に「サービスで」とデザートをひと皿持ってきた。もちろんこれは請求外。お姉さんとしては、ここで詫びの態度を示しておかないと、お客を怒らせたまま帰らせることになってしまうし、だいいち自分へのチップが減りかねないので、すかさずフォローした模様。

b0001980_1932430.jpgそんなわけで、有難く(?)4人で分けたデザートは、ダークチョコレートのムース、パッションフルーツソース添え。チョコレートは濃く、ソースは酸味が効いていてなかなか。

「ま、サービスはいまいちだったけど、最後のフォローは評価できるわね」と、ちゃんとチップは置いていた様子です。


こんなわけで、サービスはともかく料理自体はなかなかな店でした。ま、カジュアルなフレンチレストランということでは味も値段もまあまあの線だったのではないでしょうか。でも、もしも次に来ることがあったら、もう少しフレンチな料理(?)を頼もう…。

今晩はまた雪が降ってます。明日は積もるかな??
[PR]
by zochika | 2004-11-24 04:00 | 一日一膳
<< サンクスギビング・ディナー:その2 期間限定に弱い >>