Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日本より19時間後れだよ。

サンクスギビング・ディナー:その2
b0001980_914276.jpg
11月24日(水)& 25日(木)

風がやたら強いもののよく晴れた本日、25日はThanksgiving当日。先週末の第1回目に続き、今日の昼食がサンクスギビング・ディナー2回目。食べたもの自体はほとんど同じですが(汗)。今回は全部で7人、前回と比べると小ぢんまりして和やかな雰囲気でございました。

思えば去年は、初めてアメリカで迎えたサンクスギビングで、当日は地元ハワイで同居人の家族の知人宅にお呼ばれしてディナーを食べたのだっけ。あれから1年。早いもんだ。




今回の主賓?は、サンクスギビングに合わせて別の州からやってきて昨日到着した、同居人母の父(つまり同居人にとっては祖父)夫妻。今回、われわれがハワイからはるばる来たのも、この方たちと対面するのが最大の目的。わたしは初対面、同居人ももう何年も会っていなかったらしい。

昨日の午後は、同居人祖父の奥さんと同居人母、それにわたしという不思議な組み合わせで買い物に出かけた。行き先は、都会に来たときのお楽しみのひとつWhole Foods。大規模な自然食品店で、わたしはここが大好きなのだ♪
2人は今日のサンクスギビングディナーの買出しの買い足しに、わたしは昨日の晩飯の材料(ええ、わたしが料理したのです)と、ハワイに持って帰る食材の買出し。巨大行事を控えて、夕方前だというのに広い店内は大混雑。

店内あちこちで試食販売をしていて、同居人母が「ねえねえ、あれ食べたっ?」とわたしを引っ張っていって試させてくれたのが、ちょっとしたオードブル風のスナック。ラスクのような軽いひと口大トーストの上に、ブリーチーズ、干しいちじくのスプレッド、ローストして塩味がついたスペイン産マルコナアーモンドが載っていて、これが非常にうまかった。これやろうこれやろう、ということで、そこに積んであった材料一式お買いあげ~。試食販売が奏功した一例でした。

b0001980_1442353.jpgそんなわけで本日の昼食時に出たのがこれ。…試食販売では、ラスクにブリーを塗り、その上に、アーモンドを刻んでいちじくのスプレッドと混ぜ合わせたものが載っていたと思うのだが、ブリーの上にどちゃっとスプレッドをかけ、アーモンド丸ごとがさっと載せたのは同居人母(汗)。超、豪快。でも味は一緒!うまうま♪

他の料理は、先にも書いたとおり、前回と似たり寄ったりなもの。

b0001980_1451927.jpg左手前から反時計回りに:スモークターキー(ベリーのソースとグレイビー、両方かけてみた)にマッシュポテト、スイートポテト*のローストをメープルシロップとピーカンナッツで和えたもの、いんげんなど(?)が入ったキャセロール、グリーンピースとにんじん、パースニップのローストとターキー用のドレッシング(どっちも真ん中にあってよく見えてない)、件のブリー、いちじく、アーモンドのクラッカー載せ。やはりてんこ盛りになってしもうた。。。

*:先日、ヤムのローストと書きましたが、これスイートポテトでした!
すみません、訂正入れておきました…。


ターキーは、同居人祖父が自宅でスモークしてはるばる運んできたもの。ターキーをベーコンで包み、ヒッコリーとメスキート(※スモーク材の種類だす)でスモークしたというそれは、ちょっとハムのようで、香りがよくてとってもおいしかった!ベリーのソースはちょっとかけすぎたようで、甘くて失敗したが、他のものもおいしかった。昼間っからワインを飲んで、祝日気分さらに倍増。

デザートはまたパンプキンパイだったのだが、何せ腹一杯だったので食後はとりあえずコーヒーを飲んで、パイはあとで…ってことで結局食べなかった(汗)。
その後はみんなテレビを見たり、昼寝したり、トランプをしたりして、空腹になった人が勝手に残り物をつまんで好き好きに食べて、てな感じの1日。わたしは全然、腹が減らなんだでした…。

それにしても人数が少ないだけでこんなにゆっくりできるのねぇと思ってしまった。料理も、品数は少なくても家で作ったものが多かったし。
ところで、最初の写真。メイン用のお皿は、今年の夏に同居人父方の祖父が他界した後、残った家族で引き取った遺品のひとつの食器セット。テーブルクロスは、同居人母の祖母(つまり同居人の曾祖母)が作ったというレース編み(もちろん手編み!)。ナプキンは、わたしが2年前にベトナムに行った際に、同居人母へお土産に買ってきた刺繍細工のもの。特別な日だからいろいろ出したというのもあると思うけれど、何となく家族のための祭日を象徴したような1枚になった感じがしました。
[PR]
by zochika | 2004-11-25 23:40 | 一日一膳
<< ギャンブル、大食い、夜遊び? アメリカ中西部のフランス料理 >>