Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
日本より19時間後れだよ。

ぷち秋の味覚

今日の晩飯は鶏ときのこのワイン煮ポルチーニ茸風味。レストランのメニュー風に言うと Braised chicken and mushrooms with rich white wine sauce, accented with porcini mushrooms てな感じ?(どんなレストランなんだ?)テキトーに鶏肉とマッシュルーム炒めて煮ただけなんですけどね…。秋の気配はまったくないけど(というか絶対ここに秋は来ないけれど)、少しだけ秋を意識してポルチーニなど使ってみた…って乾燥モノだし、これは春にも夏にも使ってたので全然関係ないな。。。
ポルチーニといえばリゾットが好きなので、迷ったけれど今日は何となく普通のコメが食べたかったので、ごはんのおかずになるように煮物に決定。たまねぎ、シャロット、鶏肉、マッシュルームを炒めてワイン入れて、刻んだポルチーニとその戻し汁入れて、彩りついでにズッキーニ入れて、ガーっと煮ておしまい。味付けはほんの少し醤油を入れただけなのに(←既にどこの料理だか不明)、きのこの旨みのせいか物足りなさもなく、適当に作った割にはおいしくできました。

ポルチーニは好きな食材のひとつ。日本でも昔は結構探すの大変だったのに、今じゃ乾燥モノどころか、うまくすればイタリア直輸入のフレッシュのも個人で入手できるらしい。乾燥ポルチーニは薄切りの状態で売っていて、水で戻してもそれほど厚みも出ないため、そのまま食べるというよりはやはり風味付けをするものでしょうか。実際、本体よりも戻し汁のほうに旨みが出てるので、むしろこっちが主役。昨晩から水に漬けて冷蔵庫に入れて準備。
ところで今ではきのこ好きなわたしですが、昔はどれも大嫌いでした。今でもキライなのは椎茸と松茸。松茸が嫌いでも日常生活に特段の不便はないが、椎茸は何にでも入ってるのでちとツライ。何がイヤって味、見た目、臭い、触った感じ、すべてダメ。触るのも嫌だったけど、昔、家で家族の食事を作ってた頃、わたし以外はみんな椎茸好きだったので、一般的に椎茸入れたほうがいいと思われるもの(炊き込みご飯とか)には仕方なく入れていた。
で、椎茸も干し椎茸のほうが味が出ますね。よく、ぬるま湯に砂糖をひとつまみ入れると早く戻ると言いますが、本当は冷たい水で時間をかけて戻したほうが味がよく出る、とどこかで聞いてから、余裕のある限りそれを実行してるのですが、初めてそれを椎茸で試したとき…夕飯のために朝から椎茸を冷蔵庫に突っ込んで登校し、帰宅後、食事の準備をするんで冷蔵庫から椎茸を出したら…
ぎょ、ぎょえぇぇ ぇぇ ぇぇぇ
ナマモノかと見まごうほどぷっくりふくらんだ椎茸がぷかぷか水に浮かんでいた。恐かった。あの恐怖は忘れられません。

で、今日の写真は、光不足か何なのか、なんだかとってもぼんやりしてます。幻想的?というか(違うな)。茶色い料理に茶色い玄米、あかりもぼんやりなので全体的に茶色っぽい感じ。彩りにしたはずのズッキーニも、早く入れたので煮えすぎて緑じゃないし。見苦しくてスミマセン。
b0001980_4392560.jpg

[PR]
by zochika | 2003-09-04 23:58 | 旧日記(03.8-04.7)
<< 美しい音と音のない美しさ。 アメリカのタイ料理(の一面) >>