Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
日本より19時間後れだよ。

ローカルなもの

昨日、作業にひと段落ついて、本当はまだ次に大物があるのだけれど、もう今日は休むことに決めて、1日ほげほげ過ごした。朝から全米オープンテニスの男子シングルス決勝戦をテレビで観戦。昔はプロテニス見るのが大好きだったのに、テレビを見なくなってからすっかり遠ざかり、今、世界ランクのトップにいる選手は知らない名前ばかり。でもアガシ頑張ってるなぁ。

晩飯はリクエストによりビーフ。牛肉を家で自分で料理するのなんて実家にいた頃以来で、何年前?という感じ。肉野菜炒めくらいしか調理法が思いつかなかったが、昔、本で見た、おろしたまねぎでポークチョップ焼いたのがおいしそうだったな、と思い出したので、その方法に決定。ステーキ肉だったが、ステーキ焼くのは慣れてないのでサイコロ状に切断。塩胡椒して焼いて、いったん肉を取り出してから焼き汁にすりおろしたたまねぎ、りんご、にんにくを入れて、ワインと醤油を足してソースにして完成。すりおろし作業は全部やってもらったので楽ちん。
それとは別にオーブンで野菜を焼く。たまねぎ(←またか)、なす、ズッキーニ、黄ピーマンを切って、にんにく(←またか)とハーブと一緒にオリーブオイルかけて焼いたけ。今日は相当な量の野菜を食べて、そのうえ牛肉も食べたので本格的に腹一杯。。。牛肉も久しぶりに食べるとおいしいもんだ。(写真は、いまいち…)

今日使ったなすは、地元産の緑色のなす。緑のなすなんて、タイ料理で使われる、小さいやつしか見たことなかった。これは皮の色が違うだけで、大きさは日本のと一緒。使い方もわからずに買ったので、ネットで調理法を調べてみたところ、それほど普通のなすと違わないらしいので、普通に焼く。焼いたら皮の色が薄い茶色になった。アメリカのなすは皮が固くて今いちなのが多いけど、これは日本のに近くて好みの味。一緒に焼いたたまねぎは、マウイ・スイート・オニオンと呼ばれる、マウイ島の特産。名前の通り甘みの強いたまねぎです。
ソースに入れたりんごも地元産。これが、日本の姫林檎のようにすっごい小さい。小ささがわかるように卵を一緒に並べてみました(ちなみに卵も地元産)。かなり実がしまってて、ちょっと齧ってみたら相当すっぱいので料理用に決定。あと1個、どうやって使うかな。明日は…ほんとにまたタイ料理に行きたいらしい(まじですか…)。
b0001980_4531317.jpg

[PR]
by zochika | 2003-09-07 23:58 | 旧日記(03.8-04.7)
<< 火星(今度こそ!) (Getting) Addicted >>