Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日本より19時間後れだよ。

奮発したはずが…
b0001980_4583395.jpg12月8日(水)

昨日フルーツケーキを焼いたあと、チョコレートケーキを焼きました。何の変哲もないチョコレートケーキのようですが、実はちょっと変わったケーキなのです。

(小さいココット型で焼いたら、妙に膨らんで表面が割れてブサイクですが、そのへんはまあ見逃していただいて。)





こうやって見ただけではわかりませんが、半分に切ってみると…やっぱりわかりませんかね(汗)。
b0001980_543734.jpgこれはピスタチオ入りのチョコレートケーキ。粉末にしたピスタチオがざらざら入っています。ケーキにアーモンドパウダーを使うことはよくあるけれど、それをピスタチオでやったような感じ。
先日作ったマカロン同様、Nigella Lawson のHow to Be a Domestic Goddess (2001, Hyperion)からのレシピ(1/3の分量で作成)。

ピスタチオが入る以外は、特に変わったところはないチョコレートケーキ。メレンゲが入るのでものすごい膨らむが、冷めて落ち着くと「ふんわり」というよりは「どっしり」。

b0001980_5124583.jpgで、その主役のピスタチオ。結構量が入ると思うのだが、粉末にしてダークチョコと一緒に焼きこんでしまうと、見た目には全然わからず(辛うじて、粉末になりきらなかった粒が見えてますが…汗)。でもひとくち食べてみれば、、、

…やっぱりわからない(涙)。

これ、温かくても冷たくても室温でも、ただのダークチョコレートケーキ。ピスタチオが入っているなんて、言われてもわからないし、作った本人にもわからない。チョコレートは奮発してとっておきのBonnatのチョコを使ったのに、、、え~ん。

…というか、使ったチョコレートが(このケーキに関しては)ダークすぎた可能性はある。かなり苦みのきいたチョコレートケーキになったので。。。同居人には予想通り「苦い」と言われたし、わたしとしてはこれくらい苦めのケーキは好みだけれど、別にわざわざピスタチオが入っている必要はないというか。。。
(こうやって書くと、めちゃくちゃ苦いケーキだったみたいですが、そこまで苦くなかったです、念のため。あくまで「大人向け」な味、という範囲で。)

チョコが苦すぎたのか、それともそういうレシピなのか。。。そのへんは不明だが、もうちょっと甘めのチョコを使って再度試してみるかどうかは…うーん、手持ちのピスタチオが余って困ったらやってみるかも(それはたぶんないと思うけど)。
[PR]
by zochika | 2004-12-09 10:35 | 一日一膳
<< 届いたっ 出遅れたっ >>