Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
日本より19時間後れだよ。

今度はパンケーキ風
b0001980_1959128.jpg
12月10日(金)& 11日(土)

ちょうどひと月ほど前に、りんごケーキを作って、味と香りはいいのに、そのやる気のない、ふにゃふにゃの歯ざわりがどうしても気に入らなかったので、もう一度作ろうと考えていました。それをついに実行。配合はほぼ同じで、今度はうすーくうすーく作ってみたら、かなり別物になりました。




前回の教訓をもとに、今回変えたのは(1) とにかく薄く焼く。生地がふにゃふにゃで生っぽいのがいただけない。(2) 砂糖をもっとガツンと減らす。前回は多少減らしたが、それでも相当甘かった。それから、(3) 今回は少しスパイスをきかせてみた。シナモン、ナツメグ、クローブを少々。味にパンチが出るかなと。

そんなわけで、元レシピは前回と同じくここで無料ダウンロードした電子書籍All About Apples: A tasting menu from Scott Carsberg of Lampreia (Scott Carsberg, Hillel Cooperman) から。分量は前回と同じくレシピの半量で、前回の約3倍の面積の天板を使用。つまり1/3の薄さになる。

生地を作るのはとても簡単だが、りんごを3個、八つ割りにして、それをスライサーでしゃりしゃり極薄にするのがひと仕事。。。前回は、レシピ通りりんごをまとめてスライスしたが、空気に触れたりんごが茶色くなるのが嫌だったので、今回は生地を先に作ってから、生地の入ったボウルに直接りんごをスライスして入れた。

b0001980_20272345.jpg生地を型(というか天板)に広げたら、上にカソナードなどふってみた。…なぜか半分だけ。いや、深い意味はないのですが。

薄いだけに焼き時間も少なめ。それでも40分くらいは焼いたと思う。焼き上がりは…カソナードをふったほうもふってないほうも、どっちがどっちだかわからなくなり(汗)。ま、全面的にいい焼き色。
焼いている途中も相当、いい香りなのだけれど、オーブンから出してすぐにカルバドスをふりかけるとこれがまた、、、ぷわ~んといい香り。シアワセ。

少し冷めてから切れ目を入れると、、、やはりふにゃふにゃ。。。薄くしたところで、パリっとはならないらしい。やはりあれだけりんごが多いと、もう仕方ないのかも。。。
ところでわたしは、焼菓子を作るときはパーチメントペーパーを敷くことが多いのだが、どういうわけか(というか、レシピに書いてあったので何となく)今回は型にアルミホイルを敷いてバターを塗って使った。これがまた、、、くっつくうえに、うすくてふにゃふにゃの生地なので、取りづらいこと(汗)。失敗。

b0001980_20324752.jpg前回は厚みがあったので、細長い形に切ったのを、今回は薄っぺらぺらなので少し大きめにしてみた。相変わらずふにゃふにゃでやる気のない生地だが、香ばしい焼き目(表面と底面)の比率が高いのでそれほど気にならず。今度はプディングというよりパンケーキ?

でも、甘みはもっと減らしてもよかったくらいだけれど、、、少し入れたスパイスがりんごとよく合っていておいしい。前回よりは断然、好みの感じなので、まあいいとしよう。

で、作った翌日の今日(土曜)は、これを温めて朝食とおやつにぱくぱく。厚かったときよりも減りが早いのはなぜだろう(汗)。風邪気味で午後はずっと休んでいたので、りんごでビタミン補給だ~。(ということにしておく)
[PR]
by zochika | 2004-12-12 01:49 | 一日一膳
<< アドヴェントのお菓子 デビュー祝い? >>