Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
日本より19時間後れだよ。

覚悟を決めて作りましたよ
b0001980_0213727.jpg
12月16日(木)& 17日(金)

もういいかげん甘いものはいらんわ、、、という声がどこからともなく(自分の中からも)聞こえてきそうな今日この頃ですが、今回は極めつけです。激甘、元祖(風)ジャーマン・チョコレートケーキ。たいへん遅ればせながら、同居人の誕生日ケーキです。




これだけは絶対、自分で作ることはないだろうな~と思っていたのに、作るはめになってしまったこれ。誕生日当日に当人の苦手なケーキを作ってしまった後、しばらくして「誕生日ケーキ、何がいい?」と聞いたら、ジャーマン・チョコレートケーキというリクエストが返ってきてしまった。自分から聞いた手前、いやそれは、、、とも言えず、コソコソと準備して今週ようやく作成。

ジャーマン・チョコレートケーキとは、どっしりしたチョコレートケーキ生地の間に、ココナッツフレークが入った激甘のフロスティングをはさみ、上にもたぷっとかけたケーキ。以前にもちらっと書いているように、ジャーマンと言ってもドイツとは何の関係もないらしいが、これが同居人のお気に入りらしい。

で、なぜわたしがこれを絶対作りたくないかというと、まず(1) 甘すぎる、(2) だいたいココナツフレークがあまり好きでない(ココナツミルクは好きなんだけど…)、そして(3) 同居人が小さい頃、おばあさんがよく作ってくれたケーキらしい。母の味とか祖母の味みたいなものには、技術的・経験的・感情的側面等、あらゆる面を鑑みても、どうやっても太刀打ちできないものなので、しかも好きでもないケーキの場合、わざわざ作る気にはなれない。

しかし、そんなことも言ってられなくなったので、とりあえずレシピをあちこちで物色してみた。…が、この手のケーキは、基本的にはオリジナルに忠実に作ったほうがいい(アレンジしすぎると、「これは○○じゃない…」と言われるのがオチ)ので、結局オリジナルにほぼ従って作ることに。

オリジナルとは、そもそもジャーマンさんの名を冠したBaker'sのGerman's Sweet Chocolateの箱の裏に書いてあるレシピらしい。あちこち本やらネットやらでレシピを見てから気づいたが、ウェブサイトにもレシピ、ちゃんと載っていた。。。しかし同じ名前で何種類もレシピがあって、どれがホントのオリジナルなのか悩みつつ、結局これになった。

今回は、オリジナルに忠実に、をモットーに、自分に鞭打って(?)レシピ通りに作成(ただし1/4量で、、、だって食べるのひとりだし)。砂糖もレシピ通りにざらざらざらざら投入。あ~れ~、こわいよ~~という感じ。

ケーキを水曜に焼いて、木曜にフロスティングを作成。エバミルクに砂糖、バターなどを鍋で煮詰めて作るのだが、そのためにエバミルクを買うのが面倒だったので、家にあるコンデンスミルクで代用して、ミルクと砂糖の量を適当に調整。でも、甘さ控えめにはしない。あくまでオリジナル。(涙)
ただし砂糖は、普通のがなかったのでブラウンシュガーを使用。濃くとろみがついて、狐色になるまで煮詰めるとあるが、コンデンスミルクの粘度が高いので、あまりじっくり煮詰めなかったかも。それにしてもこれ、味見したら、歯が溶けそうに甘いんだけど、結構おいしいかも(汗)。やばい、こんなものに慣れてはいかん>自分。

b0001980_044422.jpgそこに刻んだピーカンナッツとココナツを投入。レシピには書いていないけれど、軽くトーストして入れた。ナッツ類はそのほうがおいしいと思うので。
ところでピーカンナッツは、コロラドから送られてきたもの。同居人の祖父の家にはピーカンナッツの木があるらしく、先日、サンクスギビングでコロラドに来た際に大量に持ってきてくれたらしい。


でも、こんなにたくさんもらっていいのかな~、と言ったら、同居人いわく「ウチにはでかいゴミ袋1袋分くらいもらってるから」とのこと。そ、そうですか、では遠慮なく。。。

b0001980_0531948.jpg誕生日ケーキなので、それらしく?丸型にケーキを抜いて、オリジナルに従って3段にしてみたら、、、ピサの斜塔のように傾いております(汗)。しかも断面がばさばさ。。。(だってウチには抜き型がないから、グラスで抜いたもので…)


こんな感じで涙ぐましい努力で作ったジャーマン・チョコレートケーキ。木曜の昼間のうちに完成して、夜になったら出して驚かそうと思い冷蔵庫にしまっておいたら、、、肝心の当人は帰宅したと思ったらまた出かけ、帰ってきたと思ったら夜遊びに行ってしまった。夜中おそーくに帰ってきたときは潰れる寸前だったので(相当飲んだはず)、とてもじゃないが激甘ケーキを出すどころではなく、寂しく雨天順延になったのでした。(悲)

で、今日(というか昨日)の夜、様子を見てほいっと出しました。ろうそくの1本も立てればよかったですが、、、なかったのでそのまんま。驚きつつ、喜んで食べてくれたので、とりあえず安心。
…しかし、「ちゃんとそれらいい味はするかね」と聞いたら、「うん、するけど、モノによってはフィリングがもっとキャラメルの味がするかも」と、やんわりとキャラメル味が弱いことを指摘された。むむむ、やはりエバミルクを使ってじっくり煮詰めないといけなかったのだろうか。でももう作り直しはしません。これで気が済んでくれ~。
[PR]
by zochika | 2004-12-18 06:09 | 一日一膳
<< ふたたび途中下車 想像と違う >>