Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日本より19時間後れだよ。

クリスマスなので…
b0001980_1443885.jpg
クリスマスなので、クッキー・ボックスです。




b0001980_1444854.jpg
(クッキー以外のものも入ってますが)

クリスマスにケーキを焼くのは昔からやっていたけれど、
クリスマスのために何種類もクッキーを焼くというのは
わたしのなかでは新しい習慣で、今年が2回目。

昨年は、ピーカンナッツのスノーボール、ローズマリーのショートブレッド、
マカデミアナッツ&ホワイトチョコクッキー、ピニャ・コラーダ風クッキー、
を作っていた模様。

今年はちょこっとだけ数が増えて、
スノーボール2種、ジンジャークッキー、ピスタチオクッキー、
赤ワインのクッキーをハワイにいるうちに作成。
(ほんとはもっと作りたかったのですが時間切れ。)

b0001980_2763.jpgジンジャークッキーは、manscakeさん作ってらしたのを見てひとめぼれしたもの。何に惹かれたって、「生地を作ったら冷蔵庫で3日間寝かせる」とな。とお願いしてレシピを頂いて作ってみました。元レシピは『クイーン・アリスのクッキーと焼き菓子』(世界文化社, 2001)とのことです。
レシピによると、元はフランスの赤砂糖、カソナードで作るクッキーを、日本で手に入りやすい黒糖で作るとのこと。しかし、たまたまカソナードが手元にあったのでそれを使ってみました。黒糖よりも薄い色になります。結構な量のスパイス(シナモン、ナツメグ、ジンジャー、カルダモン)が入る割には、それほど風味がきつくないのが不思議。とてもおいしかった!
ちなみに、クッキーの抜き型はクリスマス用はおろか丸型すら持っていないので、わざわざ買ってきてみました。…でも近所の店にはクリスマス用の型がなく、唯一見つけたのがこれ。実は抜き型ではなくて「抜き型型のオーナメント」。ツリーに飾るやつです。でももう使っちゃったもんね。

b0001980_217255.jpgこちらは赤ワインのクッキー。って勝手に呼んでますが、ほんとうの名前は「Soetkoekies」(レシピはこちら)。南アフリカのお菓子らしいです。赤ワインのほかにスパイス(シナモン、ジンジャー、ナツメグ、クローブ)が味の決め手…って何だか先日作ったホットワインのケーキみたいですね。。。刻んだアーモンドが入るはずなのですが、手持ちがなかったのでピーカンナッツで代用してしまいました。
しかしこれ、食感がちょっと不思議。「さくさく」「ほろほろ」ではなく、何というか「しゃくしゃく」した感じ。かつ、ちょっとしっとりめ。ってそんな説明でわかるのだろうか??

そして、去年も作った大好きなスノーボール。
b0001980_2282822.jpg
これはわたしのなかでは、最も「クリスマスらしい」クッキーです。
いろんなレシピがありますが、わたしはナッツが多めに入ったのが好きです。
今年は欲張って2種類作ってみました。

b0001980_2285689.jpgひとつはヘーゼルナッツのプラリネ入り。生地のレシピはいろいろ参考にして自分で好きなように調節したもの。砂糖と水を煮詰めて作ったキャラメルをヘーゼルナッツにからめ、それを砕いてできたプラリネを、同じくヘーゼルナッツを入れた生地に焼きこみました。キャラメルの焦げた風味がおいしかったです。


b0001980_2303961.jpgもうひとつは、ハワイらしくマカダミアナッツ入り。番外編用に作ったものです。マカダミアナッツと粉糖をミキサーにかけて粉末状にして生地を作り、荒く刻んだマカダミアナッツも混ぜ込みました。
マカダミアナッツは、ナッツのなかでも脂肪分が非常に高いせいか、どうやっても焼くと生地がダレてしまい(汗)、これも、ボール型は諦めて三日月形に成形したはずなんですが、、、その努力の跡はどこにも見られません(涙)。もうちょっと小麦粉の量を増やしたほうがよかったかも。
それでも、真っ白なナッツでできたクッキーは中も外も真っ白で、かわいい。舌触りも柔らかでおいしいです。


b0001980_2384443.jpgこちらはピスタチオのクッキー。マカロンを作ったときにも使った、ピスタチオのペーストを生地に練りこんだクッキーです(レシピはこちら)。ご覧のとおり、かなりはっきりした緑色になります。
…でもでも、レシピを見ながら生地にブラウンシュガーを混ぜたところで、実は普通の砂糖にしたほうが緑色がキレイに出たかも、ということに気づいてしまった。。。先に気づけよって感じですが。ちゃんとピスタチオの味がしておいしかったですけどね。


ここまでは予定通りで、事前にちょこちょこと生地を作ったりして準備しておいたのですが、頭の中で並べてみると、どうも「ナッツ」と「スパイス」に偏っているのは否めず。そして「チョコレート」がひとつも入っていない。…これはこの直前にチョコレートのお菓子を作りすぎて、無意識のうちにチョコは避けていたのだろうか??
チョコとミントのクッキーでも作ろうと思ったのですが、帰国直前の限られた時間では無理と判断して、ここはちゃっかり既製品でカバーすることに。

b0001980_2584733.jpgチョコレート×ミントって別にクリスマスに限った食材ではないのに、なぜかクリスマスを思い起こされます。ミント味のキットカットは、数年前にイギリスで食べて以来のファン。イギリス以外では見たことがなく、これもイギリスからの輸入品。頂き物を大事に大事に少しずつ食べていました。
(後日談: しかし先日、ホノルルのお店でミニの袋詰めを発見してしまった!もちろん即買いです。)


それから、ところどころに散らしたのはキャラメルとチョコでコーティングしたマカダミアナッツ。ここでも書いていますが、Mele Macと呼ばれるもので、クリスマスの時期になると巨大なボックスに入ったのが出回ります。でも実はここの会社から1年中出ています。

b0001980_361791.jpgそして最後は焼き栗。栗というと、わたしのなかでは秋の食べ物なのですが、アメリカではクリスマスを思い起こさせる食べ物のようです。特に焼き栗はクリスマスソングにも出てくるくらいなのに、なぜか食べたことがないアメリカ人は多いらしい。
今回はめずらしく手に入ったヨーロッパ産の栗をオーブンで焼いてみました。家で栗を調理するには茹で栗ばかりだったので焼き栗は新鮮。しかも甘くてホクホクでした。香ばしくておいしい!


こんなわけで盛りだくさんになった今年のクッキー・ボックス。スノーボール2種とジンジャークッキーはかなり前から作る予定で、残りの2種は、ワインとピスタチオで赤と緑のクリスマスカラーになるかな、と淡い期待をよせて決めたものの、そうそうキレイに色は出ませんねぇ(悲)。全体的に緑というか茶色の、渋いボックスになってしまいました。
b0001980_3113420.jpg
これ、ほとんど全部ひとりで食べちゃったんだなぁ…(遠い目)(汗)

わたしは今年のクリスマスは特に予定なしです。
みなさまは、ご家族であれご友人であれ、大切な方々と、よい時間を過ごされますように。
[PR]
by zochika | 2004-12-24 08:39 | ひとりごと
<< 和食でイブ 今回こそは! >>