Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日本より19時間後れだよ。

年越し態勢に入りつつあるような
b0001980_137618.jpg
12月27日(月)& 28日(火)

今年最後の週になりました。火曜は、日本橋室町「砂場」で年越し蕎麦をいただいてきました。




ずうずうしくも、以前の職場の方々に紛れ込んで昼のオフィス街の蕎麦屋へ。誰しも同じことを考えるのか、蕎麦屋の前には行列が。

この年越し蕎麦会、わたしがまだ在職していた当時にも、年末のこの時期に部のボスのお声がけで昼に蕎麦を食べに行ったものだった。当時の面々は、もう入れ替わりが進んで、ほとんどが異動で別の部署に異動したり出向したりしているようなのだが、当時のボスのお声がけで一部集結(?)した模様。わたしもたまたま都合が合ったので、やや恐縮しつつもコソっと参上。皆さん変わりなく、相変わらず和やかな雰囲気で何だか懐かしかった。

今年行った「砂場」は、たまたま、わたしがいたときに皆で行った場所。そばもおいしかったけど、卵焼きもおいしかったなー、と思っていたら、今年も出てきた。^^

b0001980_1315658.jpgここの蕎麦は、普通の蕎麦に比べるとずいぶん白っぽい色で、上品な味。ボスが「はい、ひとり3枚ずつね~」と一気に頼んで出てきた蕎麦3枚(汗)。1枚1枚は蕎麦がへら~っと薄く載せてあるので、たいした量ではないのだけれど、大きな卵焼きと一緒に、あれこれお喋りしながらゆっくり食べると結構腹にたまる。


ところでうちの実家は、年越しに蕎麦を食べるという習慣が特になかったので、わたしにとっては比較的新しい行事(?)なのだけれど、ここで蕎麦を食べたら、「ああ、もう暮れなんだ…」という気分が一気に盛り上がってきたような気がする。

さて、順序が後先になりましたが、その前日、月曜は、週末に怠けていたツケが来て、作業の締め切り前で1日、家でひたすら作業。その様子は、ハワイでも東京でも変わりません。はぁ~。

b0001980_13235525.jpg連日の食べすぎで、多少、食べるのを控えめにしていたなか、おやつ(食ってるのか…)には焼きいも。

これは数日前に青山のナチュラルハウスで買った「安納もみじの焼き芋」。安納もみじという品種のさつまいもは、初めて聞いた。「芋羊羹のようにしっとりして甘みの強い」というコピーに惹かれて割高だったけどお買い上げ。

b0001980_13282795.jpgレンジで温めてパカっと割ってみると…オレンジ色の強い中身。一瞬、ハワイで手に入る、「なんちゃってさつまいも」を思い出して身構えたが、食べてみると味は普通に、さつまいも。ねっとりして甘く、確かに芋羊羹のよう、といえないこともない。

ん~、おいしかったけど、やはり普通の芋でいいから、焼きたての焼き芋にはかなわないかな??
今度、町で焼き芋屋を見かけたら買って食べようっと!!
[PR]
by zochika | 2004-12-29 13:36 | 一日一膳
<< 銀ぶら:再び たまには美しいものを。 >>