Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
日本より19時間後れだよ。

行事ですから
b0001980_0244372.jpg
1月11日(火)

1月11日は、鏡開き。去年はこの日に鏡開きし損ね、そして今年も先日の七草粥の日に七草粥をし忘れたので、今日は何が何でも絶対、鏡開き!そして鏡開きといえば、おしるこ!とひとりで張り切っておりました。




なのに前日、小豆を買い忘れたうえ、朝も寝坊してバタバタ。作業も締切が迫っているのに、今日は昼間用事があってどうしても出かけなければならなかったので、その帰り道に小豆を買って、帰って即、小豆を煮るの開始。

だいたい小豆の袋の裏に書いてあるとおりに煮て、作業の合間に水を差したりあくを取ったりしつつ、数時間後に完成。甘みづけには和三盆糖を使用。袋の裏には、小豆250gあたり砂糖250~300g程度と書いてあったけれど、、、そんなには入れません。せいぜい150g程度だったと思う(それでも多いけど…)。

b0001980_0303553.jpg今年、姉夫婦宅にこぢんまりと飾られた鏡餅。同居人がどこかで買ってきてくれた(どこだったかな?)。これホントにちっこくて、上の橙なんて金柑くらいの大きさ(もちろんニセモノ)。

鏡餅の格好をしたプラスチックの容器の中に、ちっこくて丸い餅が2個入り。

仕事で帰宅が遅かった姉と、夜に用事があって出かけていた義兄が戻ってきて、日付が変わる直前に、餅1個を4等分して、皆でひと口ずつ食べた。ま、縁起担ぎですから。

b0001980_042172.jpg普通に食べるおしるこよりは甘さ控えめで、豆の味がしっかりするおしるこ。うま~!

「しるこ」と「ぜんざい」の違いについては、ここでは立ち入らないけれど、今回わたしが作ったような、粒をほぼ全部残した汁気の少ないもののは、どちらかというと「ぜんざい」っぽいかもしれない。ちなみにわたしは、圧倒的につぶつぶ派です。


ところでわたしは(以前にも何回も書いてますが)、れっきとした甘党であるわりには、物心ついたころから、あんこだけは大の苦手でした。お土産にもらったりするまんじゅう、大福、あんぱん、すべてダメ。ほとんどあんで出来ている最中やようかん、きんつばは論外。あんみつなんかももちろん嫌い。大人になって、少しは口にできるようになったものの、天敵なことには変わりません。

…な~の~に~、、、おしるこだけは子供の頃から大好物。あんこと何が違うんだー!とよくつっこまれるのですが、違うんですこれが。今回、自分でおしるこを作って改めて思ったけれど、市販のあんこはだいたい甘すぎる!つぶあんとこしあん、あえて選べと言われたら迷わず粒を選ぶあたりからしても、元の「豆」から形状や味が遠ざかるほどダメなのかもしれない。

って思わずこぶしを握り締めて熱く語ってしまいました。
[PR]
by zochika | 2005-01-13 01:43 | 一日一膳
<< いざ居酒屋 案外いけるんですって >>