Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
日本より19時間後れだよ。

道楽の続き
b0001980_23405462.jpg1月19日(水)

昨日行ってきた紀尾井町のPierre Hermé。ショーケースに宝石のように並べられたケーキは、どれも美しすぎて、飾り物のよう。この中から、うちで食べられる分だけを選ばなければならないなんて難しすぎる~と目移りしまくり。





そうして決めて買ってきたのはこちら。
b0001980_23493191.jpg
ええ、1個どころか2個、3個でも決められなかったので、ミニ版の詰め合わせ「Fours Frais」を買ってまいりました。

こういうケーキは、味の組み合わせだけではなくて、それぞれの味の比率も計算されて作られていることが多いので、厳密に言えばミニ版というのは通常の大きさのものとは大きさだけでなく全体の味のバランスも異なる。でも、そうしょっちゅう店に来て味比べをすることはできないわたしとしては、背に腹は代えられないのだ。(おおげさ)

それぞれは、食べようと思えばひと口で飲み込めそうな大きさ(というか小ささ)。しかし、すべてきっちり3等分して全種類いただきましたとも(だってそのために小さいの買ってきたんだもん!)。

b0001980_012060.jpgTarte Azur … 「パートサブレ、チョコレートとユズ入り滑らかガナッシュ、柔らかレモン、小麦粉を入れないチョコレートビスキュイ、さくさくのサブレ片、かりかりの薄切りライム片」。期間限定。
ゆずの香りはそれほど強くないけれど、チョコの濃さのなかに柑橘の爽やかさが感じられる。

b0001980_094462.jpgPlaisirs sucrés … 「ヘーゼルナッツのダコワーズ、プラリネ入りミルクチョコレート、チョコレートガナッシュ」。定番。とにかくナッツの風味がよく、いろんな歯ざわりが一度に楽しめておいしい。

b0001980_095530.jpgTarte aux citrons … レモンのタルト。上のクリームの部分はガツンとレモンが効いていて、レモン好きには堪らない。

b0001980_0101370.jpgMont Blanc … モンブラン。栗のクリームはしっかりお酒が効いて、容赦なく甘い、正統派なモンブラン。

b0001980_011624.jpgシュークリーム…?(正式名失念)。中はカスタードクリーム。かなり柔らかかったので、生クリームが混ぜてあるかもしれない。上に大きい砂糖片が散らしてあって歯ざわりがよい。

b0001980_0164036.jpgYu … 「プラリネ入りダクワーズ生地、オレンジとユズ入り焼きリンゴと生リンゴ、プラリネクリーム」。期間限定。形がかわいい!でも、この大きさにしては、回りのチョコの割合がちょっと高すぎて、中身(ダクワーズと焼きリンゴ、プラリネ)の味がちょっと押され気味かも。でも爽やかでおいしい。

b0001980_0175778.jpgIspahan … 「ローズマカロン、フランボワーズ、ライチ、バラのクリーム」。ピエール・エルメと言えば!なマカロン。ばらの花びらに朝露がぽつんとついてたりして、見た目もかわいいし、ばらの香りがはっきりと漂ってシアワセを感じる味。

b0001980_0205630.jpgHermé Carré Yu … 「オレンジ皮入りクレームブリュレ、オレンジとユズ入り焼きリンゴと生リンゴ、
サブレブルトン生地」。期間限定。回りを覆った柑橘風味のホワイトチョコも、中のブリュレもサブレ生地も、すべてがもろくて食べづらい。でも味は柑橘が爽やかでとってもおいしい。


3人で順番に回しながら一気に食べた。も~どれもおいしくて、、、シアワセ~♪♪♪どれもおいしいんだけど、あえて選ぶならどれがおいしかったかというと、姉:プレジール・シュクレ、義兄:イスパハン、と2人とも王道を選んできた。わたしは…うーむ選べない。2人が選んだ2種類は確かにおいしかった。レモンのタルトも、レモンが効いていておいしかったしな~。

と、これだけではなかった。
b0001980_0575564.jpg
ピエール・エルメに来たならば、試さねばならないマカロン。

ここのマカロンは前にも食べたことはあるが、実は全然、味の印象が残っていない。今までマカロンがあまり好きでなかったせいだとも思う。が!昨年は、自分で作ったピスタチオのマカロンでマカロンに目覚めたので、改めて本物のマカロンを試したいと思っていた。

当然、詰め合わせを購入。
b0001980_105860.jpg
上段左から右へ:白いマカロンにピスタチオクリームとラム酒漬けのチェリー/栗のマカロンに栗のクリームと抹茶のクリームが2重/レモンのマカロン/チョコレートのマカロンにゆず風味のガナッシュ/ばらのマカロンにバタークリーム/プレジール・シュクレのマカロン版。とりあえず全種類かじかじしてみた。

はっきり言って、うまいぞ!

何で前回は何も思わなかったんだろう…。でも、いくらマカロンがおいしくても、やはり個人的にはケーキのほうに惹かれるので、ケーキに感動してマカロンの印象が薄れたのかもしれない。マカロンのなかでも、ばらのやつが香りがよくて好みだった。

それにしても、ケーキ8種類にマカロン6種類。かなり贅沢したかなーとは思うが、ひと口ずつとはいえ、一度にこれだけ食べられれば、そりゃもう満足というもの。とりあえず気が済んだ♪

b0001980_17787.jpgごちそうさまでした~(食べかけで失礼)

(…というか、今日の記事、ピエール・エルメの回し者というか単なるカタログ状態になってますね、、、すんません。)
[PR]
by zochika | 2005-01-20 01:39 | 一日一膳
<< 最後の冬の味覚 失敗 >>