Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
日本より19時間後れだよ。

マカロン修行: 味見編
b0001980_17424513.jpg
1月24日(月)

先日、Pierre Herméケーキとマカロンをたんと買ってきましたが。

最近マカロンに目覚め、日本に帰ったらきちんとしたマカロンを食べる!というわたしの使命は、あれで終わったわけではありませんのでした。




日本を発つその当日、あっちゃこっちゃと買い物に行った際に、黙々とマカロンを買いあさり、その後、もきゅもきゅと食していたのであります。以下その記録。

(食べる前に長距離移動したために崩れているものもあります。どれも、買った時点ではとても美しゅうございました。お見苦しい点はご容赦くださいまし。。。)

b0001980_20543547.jpg
まずはDalloyau(の日本支店)より。期間限定の柚子と、定番のフランボワーズ、ピスタチオ。マカロン生地もクリームもしっかり固めで、見た目はどれも完璧にきれいなんだけれど、味と香りがわたしにはちょっと強すぎたような気も。味の選択に失敗したかなぁ(汗)。。


b0001980_2135458.jpgこちらは東京・市谷が本店のシェ・シーマのもの。シェ・シーマと言えば、クレーム・シーマ(クレームブリュレ)がおいしいが、マカロン買うのは初めて(というか、どの店でもマカロン買うのは初めてなんですがね、わたし)。ここでは抹茶とカシスを購入。

歯応えは、ねちっというよりは、さくっとほろほろ。味は、抹茶のほうはやや抹茶味が強すぎた気がして、うーむ。と思ったが、カシスはおいしかった!マカロン生地もおいしいし、挟んであるジャム(普通のより甘さ控えめ)もおいしい。


b0001980_2115291.jpg代官山の老舗レストラン、マダム・トキのデザートブランド(って店の文句の受け売り)のラ・コロンバ。別に思い入れはないのだけれど、見かけたので買ってきた(いいかげん…)。量り売りで、最低50gからということだったのでちょうど5個。紅茶、ピスタチオ、フランボワーズ、レモン、キャラメルを購入。いやあ、潰れまくってます(汗)。

え~、どれも、これと言って特徴はないというか…食べたのが数日前なのでいまいち覚えていない(汗)。これも、わりとさくっとした歯ざわり。強いて言えばレモンとキャラメルがおいしかったかなぁ。


もういっちょ、フランスのJean Milletの日本支店より。
b0001980_21245795.jpg
パッションフルーツとピスタチオを購入。ここも、特に前知識はなく、通りすがりに買っただけなのだが、これが結構おいしかった!マカロン生地はねっちりしつつも軽め、クリームもしっかり甘いけれど、味のバランスが取れていたように思う。

てなわけで、日本滞在も終わりになって駆け込みで食したマカロンの数々。このなかでおいしかったのは、シェ・シーマのカシスと、ジャン・ミエのパッションフルーツかな。

…あ、いやこれ、全部いっぺんに食べたわけではありません、念のため。

でも全体的には、ピエール・エルメがやはり一歩出ていたような…。だって6種類全部おいしかったもんね。前回も書きましたが、ばらのマカロンがよかったです。(純粋なマカロンじゃないけど、もちろんイスパハンも)。

+++

さて、これはマカロンじゃないのですが、メレンゲ菓子ということでもうひとつ。
b0001980_21374620.jpg
これも日本で買ってきた、ペルティエの「プランセス・べべ」。ペルティエには、「プランセス(プリンセスのこと)」という名のでっかいメレンゲ菓子があり、わたしはそれが結構好きだったのだけれど、先日お店を覗いたら、そのちっこい版のようなプランセス・べべがあった。

普通のプランセスは生菓子だけれど、このべべのほうは乾菓子で、若干日持ちもするとのことだったので買ってハワイまで運んできた。それを今日食べてみた次第。

b0001980_2154448.jpg味はキャラメルとレモンの2種類…でも、袋から出したらさっそく、どっちがどっちだか判らなくなった(汗)。
半分に割ってみても…うーむやっぱりわからない。向かって右側の、微妙に色が濃いのがキャラメルだろうか。
食べてみても…あれっ??(大汗)どっちもほ~~~んのりした味のようで。。。辛うじてレモンのほうが、若干、後味に柑橘を感じたような気がしないこともない。…かも。

どちらも、メレンゲの部分はあくまでさくさくのクッキー状。もうちょっとクリームが多いほうがいいような気もしたけれど、軽くておいしいので、まあ、こういうお菓子なのでしょう。

さあ、次に本物のマカロンが食べられるのはいつのことやら…(遠い目)。それまでは仕方ないので、自分で作って我慢しておくことにしよう。
[PR]
by zochika | 2005-01-25 03:35 | 一日一膳
<< ひと息、休憩 誕生日のお祝など >>