Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
日本より19時間後れだよ。

海の散歩
b0001980_11161343.jpg
先週の土曜日はへろっと散歩に出かけてきました。




天気はあいにくの薄曇り、でも直射日光に弱いわたしとしては、散歩には好都合ではあります。

b0001980_11164890.jpg最初に行ったのは、同居人がたまにサーフィンするという「隠れスポット」。着いてみたらこんなジャングルのような場所でした。

b0001980_11175765.jpgこんな変わった植物があったり

b0001980_11182314.jpg朽ち果てた昔の砂糖黍工場の残骸を垣間見たりしながら

b0001980_11191330.jpg背の高い草の間の細い道をずんずん進んでいくと、海が見えてきました。

視界が急に開けて小さなビーチに到着。
b0001980_11194935.jpg
振り返ると、今歩いてきた道は、小さな川沿いになっていました。

今日はかなり風が強く、波は荒れ気味。でも同居人はサーフィンしてました。
b0001980_11205069.jpg
一緒に来たお隣さんはそのへんをうろうろ歩いて、小石を拾ったり。わたしは寝っ転がって波をボケーと眺めておりました。
遠くに見える船は、ずっと同じ場所にとどまっているのかと思ったら、よーく見たら動いてました。

ここでしばしほげほげ過ごして、同居人もサーフィンひと段落したので、さてこれからどうしよう、ってなことで、今度は海に出て散歩しようということに。

ずいぶん前から、防波堤(?だと思う)の上が歩けるようになっているから、そこに行ってみようという話はしていて、わたしは一度も来たことがなかったので、今回が初。
b0001980_11272611.jpg
防波堤が岸とつながっている場所まで来て、そこからテクテク歩く。なんか結構長そう。

上の写真は、歩き始めたところで、向かって右手が沖、左手が岸ですが、下はしばらく歩いて振り返ったところなので、右手が岸、左手が沖。
b0001980_1130612.jpg
防波堤を挟んで、岸側は水面が穏やかです(当たり前か)。水もとてもきれいです。(ずいぶん前にブログに載せたここに近い場所です。水の色が何か似てませんかね?そうでもない?? 汗)

こんなゴツゴツ岩の道(?)をひたすらテクテク。陽を遮るものが一切ないので、こんな曇り空もありがたい。唯一、問題といえば、わたしが10cmヒールのサンダルを履いていたことくらいですかねぇ。。。(おい)
b0001980_11331566.jpg
何だか今日は水の色がずいぶん緑がかってみえました。

b0001980_11351278.jpg向かって左側、岸の方面が方角でいうと西になるので、運がよければ山の向こうの空と雲が夕日に照らされてピンクになるのを拝めるはずですが、今日はちょっと雲が厚すぎるようでした。
それでも、雲の合間から西陽が筋のように差し込んでいるのがとてもきれい。

ほんとうは、どこかに腰掛けて日が沈むのを待とうかと話していたのですが、雲が厚すぎて何も見えなさそうだったので、もうずいぶん歩いたことだし、そろそろ引き返すか~と回れ右。

そこで、すごいものを見てしまいました。
b0001980_11381391.jpg
写真だと非常に判りづらいと思うのですが、これは沖側、東の空と海。水平線上から、空に向かって光が指しているのが見えるでしょうか。西陽が海面に反射して光を放っているとしか原因が思いつかなかったのですが、こんなもの初めて見たのでちょっと感動。

で、結局日没は見えずじまいでした。
b0001980_1142554.jpg
こんな感じで、雲の合間に黄金の光が見えただけ。それもきれいだったからいいけどね。
[PR]
by zochika | 2005-02-21 18:08 | ハワイ
<< 丸ごと続き 冬のお楽しみチーズ >>