Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
日本より19時間後れだよ。

コメが主役
b0001980_229293.jpg
2月24日(木)

コメ好きなもので、家には米を欠かさないようにしていますが、カリフォルニア産の日本米のほかによく食べるのがタイの香り米、ジャスミンライス。タイ料理以外の料理にも合うし、安いのでだいたい家に常備してあります。

で、タイ料理屋に行っても、米を食べるときはジャスミンライスにすることが多いのですが、最近は料理によってはタイのもち米を頼むことも多くなりました。




タイ料理屋で頼むと、たいてい竹籠に入って出てくる(こんな感じ)タイのもち米は、日本のもち米ほど粘り気はなく、どちらかというとほこほこしている。最近、タイ料理というとラーブサラダという挽肉の辛いサラダばかり食べているのだが、このラーブサラダがもち米とよく合うのだ。

b0001980_2228334.jpgで、先日買い物中にふと、「あのもち米を買って家で炊いて食べられないものか」と思い立った。米売場に行くと、日本米のもち米以外のもち米は1種類のみ。それが、タイ産だったので、うーむ、これだろうか、、、と半分不安に思いつつ購入。1kgで200円くらいだから安いし。

それからしばらく経って昨日、さ~あのもち米でも炊いてみるか、と思って袋の後の調理法をよくよく見ると、、、水で洗ってひと晩水に漬けるとな。。。ってことは今から準備しても今日は食べられないんじゃ~ん(って気づくのが遅い>自分)。そこで、夕飯の後、夜に米を準備しておいた。

そして本日の昼間、いざ、米を炊くべく、水の量を確かめるため再度袋の裏を確認。…ん?これって水を入れて炊くんじゃなくて、蒸さないといけなかったらしい(ガーン)。買う前に気づけ>自分。。。

b0001980_22354455.jpgうちには蒸し器もないし、そもそも大きな深鍋もないので、さてどうしようと考えた結果、炊飯器の内釜で湯を沸かして、その上に米をざるに入れて蒸してみることに。
(←こんな感じ。 本邦初公開 ウチのしょぼい炊飯器)
こんなとき、入切スイッチしかなく、蓋を密閉しなくても米が炊けてしまう原始的な炊飯器は役に立つ(?)。

その間におかず作成。タイのもち米を買ったはいいものの、何と合わせるか全然考えていなかったので、うーむと考えた結果、やはり好きなラーブサラダ(もどき)を作ってみることにした。以前、作ろうと思ってレシピなど検索したこともあるのだが、今回は何だか面倒だったので、家にあるもので適当にそれらしく作ってみた。

鶏肉を叩いて油としょうが、唐辛子(…はないのでカイエンヌペッパー)、しょうゆで炒め、薄切りのたまねぎ、セロリ、赤ピーマンを入れてさっと火が通ったら少量の砂糖とライムの絞り汁、しょうがの絞り汁を入れて味を調えておしまい。ほんとうは香菜やらハーブが入るのだが、わたしは香菜が大嫌いなので入れなくても全然、OK。

b0001980_22435573.jpg米は指定どおり45分間蒸して、様子をみてみた。うむ、何かちゃんと炊けてるじゃないか。
普段、タイ料理屋で食べているもち米よりも白っぽくて、ちょっと日本のもち米に近いような気もするが、でも、うんうん、こんな感じ。わ~い。

(…でも実は、ザルの底のところはべちゃっとなってしまってました。。。ザルの大きさに対して米が多すぎたかも。)

ともあれ、念願の(?)おうちでタイのもち米ディナー。

b0001980_22472798.jpgなんちゃってラーブサラダは、何というか、いまいち味が決まらなかった。ナンプラーとかがあればよかったのだろうが、まあ仕方ない。食べる前にさらにライムを搾ったけれど、もっと酸味があってもよかったかな。

それにしてもタイのもち米って調理に手間がかかるのね。。。米を研ぐこともなく水を注いであっという間に炊き上がる普通のタイ米とは訳が違う。店ではよく売り切れてたりするのだけれど、なるほど、すぐに追加で作れないんだな~と納得したのでした。
[PR]
by zochika | 2005-02-25 04:24 | 一日一膳
<< 初夏のコロラド 高級でございますが >>