Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日本より19時間後れだよ。

星、星、星
b0001980_1540910.jpg
ハワイ島の家を出る前日、最後の晩は、どうしても行きたかった場所に出かけました。それは、ふたたびMauna Kea。でも今回は、夜、満天の星空を見たかったのです。




ハワイなんて好きじゃないと公言して憚らなかったわたしが、ハワイに住んでいたとき、それでも素晴らしいと思っていた数少ないもののひとつがハワイの星空でした。わたしが住んでいた町は雨が多かったので、いつも星が見られるわけではなかったのですが、それでも夜、空を見上げれば、東京では考えられないほど星が散らばっていることもめずらしくありませんでした。

同じハワイ島でも、島の西側のほうにいくと、一年中、晴れてからっとした天候に変わります。マウナ・ケアは、ちょうど中間くらいに位置するので、晴れていたり曇っていたりですが、夜になって雲が切れれば、見渡す限り360度、真上から目の高さまでプラネタリウム状態で星が見られます。

今回行ったのは、マウナ・ケアのVisitor Information Station(ビジターセンター)。各国の国立天体観測所がある山頂は標高約4,000mですが、ビジターセンターはそれよりもずっと低く約2,700m地点に位置しています。以前、ここに勤めている人とちょっと話をする機会があったのですが、不思議なことに標高4,000mよりも2,700mのこの地点のほうが、肉眼では星がよく見えるのだそうです。(ちなみに、山頂にある天体観測所では、主にデータ収集による観測をしているようです。)

さて、夕方に家を出発すると、道中ずっと深い霧と雨に覆われて見通しは最悪。おまけに気温差の関係上、フロントガラスが曇りっぱなしで、前が全然見えない(汗)。冷房を入れたり暖房を入れたり、しまいには窓を開けたりして、なんとか視界を確保して前進。…というか、山の上もすっぽり雲に覆われているし、ビジターセンターに行っても今日は星なんて見えないかも…と半分諦め気味。

が、ある地点を通過したところで、急に霧が切れて視界が開けてきました。西の地平線には青い空と、今にも沈もうとする太陽が見えたので、ちょっと途中下車して日没観察。

b0001980_1543777.jpg車を停めてドアを開けると、 、、、 さむ~っ。既に少し標高が高い地点に来ているせいなのか、吹きさらしの風のせいか、かなり寒かったです。

と、外に出たら、目の前に虹が出ていました。写真では判りづらいですが、もう5mくらい先に見えるような、そんな近さでした。あわててカメラの準備をしている間に見る間に消えてしまって、、、残念。

夕陽を見るため、ちょこっと小高い丘にのぼって、今来た道を振り返ってみる。
b0001980_15434344.jpg
向こうのほうは霧で全然見えませんね。さっきはこんな道を運転してきたわけです(恐)。

…と、そんなことをしているうちに、太陽はあっという間に沈んで見えなくなってしまいました…。
b0001980_154457.jpg
でもまあきれいだったからいいか。。。

車に戻り、来た道を少し戻ってから、一路山を上ります。ビジターセンターに着く頃には、外はだいぶ暗くなっていました。あんなに厚く見えた雲も、どんどん低いところに押されて降りていって、もう雲の上に出たようです。星観測ツアー(といってもボランティアの人が説明をしてくれるもの)は7時半から開始とのことで、小1時間ほど暖房をきかせた車の中で飲んだり食ったりして待ちました。

そして7時半。すっかり暗くなった外に出ると、上は一面の星、星、星。空一面にびっしりと星が散らばっていました。

この日は20人くらいのお客が集まっていました。ビジターセンターのスタッフがお客の質問に答えつつ、あれは何座、そっちは何座と説明してくれます。東京だと、冬の星座というとオリオン座、あとはカシオペア座なども見えますが、ここでは他に無数の星が見えすぎて、カシオペアなどはよく聞かないとどこにあるのかわからないくらい。天の川も、天をまっぷたつに横切っていました。写真を撮っても写らないのが残念(トップの画像は、辛うじて写った明るい星です)。

b0001980_15443315.jpgそれから、いくつか設置された望遠鏡を順番に覗きました。土星の環が見えるというので覗いてみたら、こんなふうにくっきりと見えていました。(※これはイラストです。)

それから、ビジターセンターの建物のなかにあるセルフサービスのバーで、温かいココアを飲んでひと息(無料ですが一応、募金してきました)。いつまで眺めていても飽きない星空でしたが、何せ寒いので、1時間くらいで山を下りてきました。車の中からも、ずっとずっと空を見上げていたけれど、下界は相変わらずの霧の世界。あっという間に見えなくなってしまいました。

海も空も緑も美しい島だけれど、やっぱりあの星空は忘れ難いものです。
[PR]
by zochika | 2005-03-05 15:51 | ハワイ
<< 軽すぎ ひなまつり用 鮭ずし >>