Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
日本より19時間後れだよ。

重すぎ
b0001980_17365638.jpg
2月28日(月)

帰国直前の駆け込みで、昨日のリコッタチーズケーキの直後に作ったのがいつものマーブルチーズケーキ。ここ1年ちょっとの間、折に触れて作っては必ず大絶賛を浴びていたので、調子に乗っていちばん多く作ったような気がします。ここの日記でもしつこいほど何回も出てますね。

いつ作ってもおいしくできるのですが、奮発して高級チョコを使ったらどんなにおいしいだろう、と常々思っていました。それをついに実践。




ダークチョコとホワイトチョコ、両方ともvalrhonaを使用してみた(ダークはGuanaja、ホワイトはIvoire)。チョコレート以外の材料は、クレーム・フレッシュ、生クリーム、砂糖のみ。風味付けとして、ホワイトチョコ生地にはバニラ、ダークチョコ生地にはリキュール(元レシピではカルーアですがわたしはベイリーズを愛用)入れる。チーズケーキといいながら、実はチーズが入らないのだけれど、でもチーズケーキの味がするのがまた不思議。

※ちなみにレシピはJoanne Harris & Fran Warde のMy French Kitchen: A Book of 120 Treasured Recipes (2003, William Morrow)。チーズケーキのレシピはお友達から教えてもらったのですが、それが気に入ったので後に本も買ってしまったというわけです。

さて、高級チョコレートを使って意気揚々と作ったケーキ。いつもどおり作ったはずなのに、、、なぜか型に入れる前の時点で生地が非常に固くなってしまった(汗)。慌てて生クリームをもう少し足して緩くしようと試みたけれど、ほとんど効果なし…。いつもこんなことにはならないんだけど、なんで~???

b0001980_1757373.jpgそれでも強引に生地を型に入れてマーブルを作ろうとしたものの、、、生地が固すぎて2種が滑らかに混ざらず、表面がボコボコ(涙)。一生懸命ならしてみたけれど、きれいに平らにはならず(涙涙)。

そんな出来上がりなので、写真はどうやって撮ってもきれいに写らなかったため、いっそのこと、とボケボケにしております。それでもデコボコ具合がわかるなぁ(悲)。

さて、かんじんの味ですが、、、わたしは結局、味見程度しかしてないのだけれど(悲悲悲)、とにかく濃厚。生地も濃かったけど(というか、生地が濃厚だったせいか)味も濃厚。いや、普段から濃厚なケーキなのですが、いっそう濃厚な気がしました。

b0001980_127643.jpgこのケーキに関しては、普段も別に安物のチョコを使っているわけではなく、むしろダークチョコはいつもそれなりにいいものを使っているのですが、ホワイトチョコは割りと適当に使っていたかも。でも今回は、ダーク生地とホワイト生地、どちらも異常に濃くなったのですよねぇ。分量も間違えてないし、、、もしかして今までずっと分量間違えてチョコを少なくしていたのだろうか?と疑ってしまった(そんなばかな…)。真相究明のため(?)また作ってみなければ。(*ちなみにこちらの写真は、ずいぶん前に作ったもの。マーブル模様が若干、まとも、かな??)


さて、これがハワイで作った最後のケーキ(のうちのひとつ)。置き土産になりました。前回このブログに出てきたとき(ハロウィーンだった)に招いた友人がいたく気に入ってくれたのですが、今回このケーキを作っていた最中、くしくも彼が家に寄っていて、「またチーズケーキ作ってよ!」と冗談で言い残していったので、同居人と彼の分、2個に分けて残してきました。喜んでもらえたかなぁ。

+++

関連記事
マーブルチーズケーキ(2004年ハロウィン)
マーブルチーズケーキ(マスカルポーネ版)
抹茶マーブルチョコレートチーズケーキ
[PR]
by zochika | 2005-03-07 18:20 | 一日一膳
<< 最後の日 その(1): 移動 軽すぎ >>