Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
日本より19時間後れだよ。

今季最高
b0001980_830656.jpg9月8日(水)

夏の終わりにちょこっとだけ出回る「黄金桃」。わたしはあれが大好きでした。日本では桃といえば白桃は生食、黄桃は缶詰という感じですが、黄金桃は生食用の黄桃で、大振りで甘ーい。最近はわかりませんが数年前まではものすごい高級品だったはず。

で、アメリカでは桃と言えば黄桃。白桃も出てますが、日本のよりもずっと小振りで硬く、日本の桃の味を期待して食べると
(T=T)
…渋い…マズイ…とむせび泣く羽目になります(個人的体験です、念のため)。

去年は桃は1回買って失敗したのでそれで終わりでしたが、今年の夏は桃やらネクタリンやら結構何度も買って(日本よりは安いので)、そのたびにせっせとお菓子を焼いていました。さすがに今年は桃はもう終わりかな~と思っていたら、昨日同居人の両親から届いた荷物のなかに桃がごろごろ入ってました。
同居人苦笑(←生の果物が苦手)、わたし小躍り(←桃大大大好き)。




b0001980_8305655.jpg普通郵便で送られてきたのに、傷んでいる場所もわずかで、びっくりするほどきれいな状態で届いた桃。触っただけで傷がつきそうな柔らかさで、甘い香りも相まって、見た目からしてホレボレ。
…が、この見た目で何度も期待を裏切られているので油断はできない。とりあえず冷やして、1個切ってみると、すーっと包丁の通る柔らかさ。まずはひと切れ味見。

o(ToT) じ~ん

…うまい、ウマイよ~。アメリカで食べた桃のなかでは間違いなくいちばんウマい。そうだよね、桃ってこういう味だよね~とひとり感動。完熟で、日本の黄金桃すら彷彿とさせる味。全部生のまま食べたいのはやまやまであったが、さすがに同居人の口に入れないわけにはいかないので、何かお菓子にするか、というわけで、焼菓子にするにはもったいないのでめずらしく冷菓にすることに。
がんばってアイスとか、あるいはひさびさにババロアにするのもよかったけれど、あいにく卵を切らしているので、卵を使わない冷菓…というわけで、これとかここらへんを参照に、ムース。

そう言えば普通の生クリームもないので、何かもっと濃厚になるものを…というわけで、マスカルポーネチーズをhalf & halfと半々くらいになるように追加。手順としては2つ目のレシピのほうに近く、材料を全部ミキサーにかけただけ。皮をむいて刻んだ桃とクリーム、チーズ、砂糖、レモン汁、ゼラチンを全部一度にガーッとミキサーにかけること約3分。いい具合に空気が入ってふんわりしたところを型に流し込んで冷蔵庫で固める。まあ何て簡単。

b0001980_561283.jpg…ちょっと全体量に対してゼラチンが少なかったようで、すくって食べるにはふわふわでちょうどいいけれど、型抜きするにはやわやわな出来になったが、とにかく型を抜いて、桃のスライスで飾って、桃のリキュールを少したらしてデザートにした。

(そう言えばこの桃のリキュール、昔やたらと流行った記憶が…)

で、これ。はっきり言って(手前味噌で恐縮ですが)おいしい。
って、おいしい材料を合わせただけなので、まずくなるわけがないのだけれど。
b0001980_8313198.jpg
この桃は本当においしかった。生の桃をつまんで食べた同居人が「これおいしい」と言っていたくらいだから。

あとで同居人母に聞いたところでは、地元のコロラド産の桃で、今年は雨が多かったので桃の出来がこの数年でいちばんよかったとか。
普段、ここらで買える桃はだいたいカリフォルニア産。が、コロラド産のほうがカリフォルニア産よりもおいしいとかいうよりも、流通上の問題ではないかと思われる。桃はいったん収穫したらそれ以上甘くなることはないらしいのだが、傷つきやすいことから、熟れきらないうちに収穫されて、冷蔵コンテナに入れられて海を渡ってくるらしい。普通郵便で送られてきた桃がこんなにいい状態なのだから、普通に売ってる桃が収穫後、店頭に並ぶまで何日かかってるのかまったく不明。

まだ残ってる桃、全部そのまま食べちゃおうか、もういっちょ焼菓子にするか思案中。うしし。
[PR]
by zochika | 2004-09-10 04:35 | 一日一膳
<< …芋けんぴ 濃けりゃいいってもんではなくて >>