Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日本より19時間後れだよ。

最後の日 その(3): 海に沈む太陽
b0001980_19311558.jpg
ハワイ最後の1日は、鯨を見るために早起きして、粘って2回目でめでたく鯨を見ることができて大満足でしたが、そのツアーが終わってバスで街中まで運んでもらった時点でまだ11時過ぎ。「今日」はまだ半日残っていました。




そこでその後は、、、買い物に走りました。。。家を出た時点で、飛行機で預け入れの荷物の個数がオーバーするほど荷物が多かったのに、まだ買い物をするか、と自分に問いかけつつ。結局、また少し荷物を郵便で送りました(汗)。

*ここで不思議なことがひとつ。
その前日にハワイ島の空港近くの郵便局から日本へ宛てて船便を出したときは、「2~3か月かかる」と言われました。で、この日ホノルルの街中の郵便局から同じく日本へ出した船便は「4~5週間で着く」と。
…ハワイ島からオアフ島まで運ぶのに1~2か月かかるというのか。。。


さて、ワイキキからダウンタウンまで足を延ばして買い物をし、ワイキキに戻った頃のがちょうど夕暮れどき。別に何も予定は立てていなかったので、そうだ、サンセットでも見に行こう、と思い立ってビーチまで歩きました。

ビーチは散歩をする観光客や家族連れでまだまだにぎわっています。上を見るとまだだいぶ明るいものの、西の空はだいぶ色が変わってきていました。浜辺にある岩の上に腰掛けてぼーっと待ちます。
b0001980_19505484.jpg
ちょうど、海の上に浮かぶひとすじの雲に太陽が隠れていたところ。あれさえ通り過ぎれば、海に沈む太陽が見られるかなあ、と思っていたら、、、
b0001980_1956156.jpg
その雲を通り抜けた太陽の光に照らされて、その下の水平線の真上にもうひとすじ、薄い雲が現れました。

ハワイの海は、だいたいいつも天気がいい場所だとしても、水平線付近は案外雲が多かったりして、太陽が海から直接昇ったり沈んだりする瞬間は雲に隠れてしまったりします。

しかも太陽の右方向から進んでくる船が。。。い、嫌な予感、、、太陽が沈む瞬間に太陽のまん前に止まったりしないだろうな、、、
b0001980_200233.jpg
と、はらはらしたものの、船は無事通過してくれて、水平線の真上の雲も薄く、太陽がまたその下から出現。やったぁ、と思っているうちに海に吸い込まれていきました。

いったん海に触れると、あとはあっという間です。
b0001980_206794.jpg
わたしのハワイ最後の夕陽が見えなくなりました。

太陽が海に沈むとき、最後のひとかけらが見えなくなる瞬間に一瞬だけ緑の光(Green flash)が見られるんだよ、と前に教えてもらって、以来サンセットを見るたびに目を凝らしてみるのだけれど、わたしには1度も見えたことがないのです。この日も、どんどん消えていく太陽を、瞬きもせずにじーっと見つめていたけれど、結局見えませんでした。
[PR]
by zochika | 2005-03-19 20:46 | ハワイ
<< ごろごろ ギネスビールのケーキ >>