Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
日本より19時間後れだよ。

なんちゃってシャンパンディナー
b0001980_4182187.jpg9月19日(日)& 20日(月)

はげしく投稿が遅れてますが…今日(日曜)は、「お酒を使った料理」をする日。うちのテーマはシャンパンにしましたよ。だってわたしはシャンパンが好き

…とは言っても、本物のシャンパンを料理に使う勇気はないので(悲)、スペインの「シャンパン」と誉れ高いカヴァのフレシネを使用。そのまま飲んでももちろんおいしい、十分いいスパークリングワイン。





本日のメインは~チキンの“シャンパン”ロースト。豪華なのか貧乏くさいのかよくわからない名前をつけてしまったが、要は鶏をスパークリングワインで蒸し焼きにしたもの。元レシピは、ここでの登場回数がいちばん高い?!Trish Deseine著mes petits plats preferes (2002, Marabout) の、鶏肉をみじん切りのエシャロットと一緒に炒めて白ワインで蒸し焼きにする料理。たぶん白ワインでも十分おいしいのだろうけれど、これをシャンパン(のようなもの)で代えたらもっと香りよくできるんじゃないかと考えた。

で、実はこれ試すのは2回目。前回はためしにスーパーで売ってるいちばん安いスパークリングワインでレシピ通りに作ってみたら、まあまあの出来だったものの、ちょっと酸味がきつい感じで、こりゃ~ワインのせいだな、と思った。
(ちなみにそのとき大量に水分が残ったので、それで翌日作ったのがこの日しれっと登場したリゾットです。実は本体よりもリゾットのほうがおいしかった。)

b0001980_4461197.jpgそんなわけで今回は少しグレードアップしてフレシネを使用。それから、使う野菜はエシャロットだけでも味は出ていたところに、もう少し欲張って他にもたまねぎ、リーク、セロリのみじん切りも加えて、四つ割りのマッシュルームを「具」にすることに。

b0001980_4244473.jpg鶏は、同居人が骨付き肉が嫌いなので(なんでだ…)普段は骨なし皮なしのもも肉を使っているが、今回は半分骨つき皮つきにしてみた。だって骨がついてるほうが味出るし。

肉と野菜をバターとオリーブオイルで炒めて、いい塩と挽きたての黒こしょうで味付けして、どぼどぼどぼっとフレシネを注いで煮立たせて、あとはオーブンへおまかせ。

焼いている間はふんわり漂ういいにおい♪で、出来上がりは、今回はほとんど余分な水分も残らず、いい感じにつやつや。

b0001980_4365947.jpgさて、いただきま~す…の前に、乾杯。今日は、料理には使わなかったけれどホントのシャンパンを開けた。
日本では気軽に買えたヴーヴ・クリコのイエローラベルも、こっちでは割高なので、買ったことはなかったが、前日たまたま店で安売りしてたので買ってみた。(写真に写ってるのはシャンボール リキュールを入れたのでピンクです。)

で、よーやくチキン。
b0001980_4392349.jpg

これ、おいしかった。まず前回とは全然、香りが違う。ヘンな酸味もないし、香味野菜と鶏の旨みがじんわり味わえる。わたしはハーブを使った料理が好きだけれど、これはハーブの強い香りではなく、ふんわりとしたワインの余韻を楽しめる味。仕上げにクレーム・フレッシュを載せるのはレシピ通りで、これが驚くほどこの料理に合う。チキンだけでも十分おいしいけれど、油脂類と鶏肉の脂肪分とはまた別物の、クリームっぽさが加わって味に深みが出るんでございます。(←誰?)

ちなみに付け合せには、にんじんとたまねぎのサラダと、コメ。…こんな料理にも白米を合わせてしまうあたりが日本人だなぁとは思うが、この焼き汁を吸い込んだ米がまた何とも言えずウマイので誘惑には勝てず。

はぁ~、満足。

…いや、しかしまだデザートもあるのだ。準備はしてあったのに、実はこの日は食べられずに終わってしまったので、ちゃんと食べたのは翌日(ズルだ…)。

チキンのローストは、元レシピではワイン1瓶使うところ、量を減らして作ったのでワインも余った。なのでそれをデザートの転用。それでできたのは“シャンパン”シフォンケーキ。またシフォンケーキ!でもいいのだ。

レシピはこちらを使用。全体的に卵の割合が多く、膨張剤は入らない。ワインの炭酸がケーキが膨らむ助けになるのだろうか?ともあれ、ワインの量を勝手に増量した以外はレシピ通り。見た目は真っ白でプレーンなケーキに仕上がって、ひと口食べると結構ワインの香りと味が残っていて、へぇ~という感じ。もうちょっと甘くしてもよかったかな、とめずらしく思ったけれど。

ケーキが地味なので、ミントのパンナコッタと一緒に盛ってみたっ。

b0001980_4414775.jpgこの前日(土曜)に作ったミントのパンナコッタは、このレシピ。うちははかりがないので、ミントの重さが量れず、かなーり適当にとにかく大量に葉っぱを入れたら、すごいミントミントした出来上がりになった(汗)。
ミントの葉はクリームに香りを移したら取り除いてしまうのに、仕上がりもほんのり緑色に。

味は…ま、普通においしい。が、恥ずかしながら生クリームの脂肪分が分離してしまったので、脂肪分が上に浮いて固まってしまった…(汗)。当然そこは取り除いて食べるのだが、脂肪分が抜けたパンナコッタ本体はちょっとクリームっぽさが足りない感じ(悲)。


…こんなにいろいろやっておいてナンですが、日・月と体調不良で、料理と書き物をした以外は何にもしとらんのです(汗)。月曜も晩飯後、横になってそのまま朝まで寝ちゃったし(大汗)。なのでズルして2日分一緒です。。。
[PR]
by zochika | 2004-09-22 05:27 | 一日一膳
<< ここでは貴重品 買い物ついでの外ごはん >>