Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
日本より19時間後れだよ。

“オツ”なそば
b0001980_1171341.jpg
10月3日(日)

今日は、しば~らく前から作ってみたかったものを作りました。蕎麦のサラダと言うべきか、サラダ蕎麦と言うべきか。ちょっと変わった蕎麦です。




サンフランシスコの小さなレストランのメニューだというこの料理はその名も「Otsu」。「オツなもんだ」の「オツ」らしい。
(ちなみにレストランはここだそうです。メニューも載ってます。)

内容的には、蕎麦に少しのハーブと野菜、フライパンで焦げ目がつくまで焼いた豆腐が入ってるだけなのだが、特筆すべきはレモン、しょうが、カイエンヌペッパー、しょうゆ、ごま油などを合わせて作るドレッシング。2か月ほど前にこのレシピをここで見たとき、これは絶対好きな味だと思った。

すぐにでも作ってみたいと思ったものの、材料が全部揃うときがなかなかないまま2か月も経ってしまった(汗)。ここでようやく、豆腐オッケー!蕎麦オッケー!きゅうりも買ってきたぜ!と材料を揃えたので作ってみた。

難しい工程はないのだが、何せ材料が多いので、やたら切ったり貼ったり、いや切ったり混ぜたりが多い。ドレッシングは、材料を全部フードプロセッサー(うちはないのでミキサー)にかけてもよかったが、洗いものの手間と、しょうがをすりおろす手間を秤にかけた結果、おろし金でガリガリしょうがをおろして、電動ミキサーで混ぜることに。

レシピより恐らく多めにしょうがをザーリザリとすって、レモン皮もすったら、あとは液体を混ぜるだけ。米酢はもともと買う気がなかったので、ちょっと違うけどホワイト・バルサミコ酢で代用。レモンが好きなので、酢の量は減らしてレモン汁を多めに投入。菜種油の代わりに家にあるひまわり油。さらに、しょうゆが異常に多く感じられたので、もったいなくて(!)大幅減量。代わりに塩を増量。

…と、ここまでは計画的脱線だったのだが、ここで、全部揃っていたと思った材料がなかったことが判明(ガーン)。常備してあるカイエンヌペッパーが、残りわずかで、分量の3分の1くらいしかなかった。。。普通の唐辛子も買ってないし、、、どうすべい、と考えた結果、日本から運んできた秘蔵の七味唐辛子を足してみた。。。なんかちょっと違うけど、ないよりまし??(汗)

具は、レシピでは豆腐のほかはきゅうりくらいなもんで、ちょっと寂しかったので、セロリとマウイ・スイートオニオン(←何にでも入れてます)を薄切りにして、アルファルファも投入。わけぎは入れたが、香菜は大嫌いなので割愛。代わりに大葉でも入れようと思っていたのに…これは忘れた。

ドレッシングができて、野菜を全部刻んだら、ゴールは目前。。。蕎麦を茹でつつ豆腐をフライパンで焼いて、蕎麦と野菜をドレッシングで和えたら皿に盛って豆腐を載せ、いりごまを散らして完成。…と、今日はドレッシングの辛味少なかったので、仕上げに山椒もふってみた。

b0001980_1465979.jpgこれ、うまいです。まじで。やばいです。自分で作っといて言うなって感じですが、、、レシピを考えた人、偉いですホント。何がうまいってドレッシングがとってもいい味。辛くて、爽やかで、ほんの少しだけ甘い。日本人好みの味だと思います。野菜も勝手にいろいろ足したけど、しっくりなじんでいておいしかったし。同居人のお気にも召した様子でございました。最後の2口ってところで突然「あ。…きゅうり入ってたんだ、気づかなかった…」と(←きゅうり嫌い)。皮を剥いて入れたので、セロリだと思っていたようです。 (^-^?)

たっぷり2人前作って、まだドレッシングが半分以上余っているので冷凍。あと1回くらいは、食べたくなったらすぐ食べられると思うと嬉しい。

日本料理「もどき」の胡散臭い料理はカンベンだけど、違う文化の料理をうまく融合させた、おいしい「フュージョン」料理は大好き。両者の違いって紙一重なところもありますがね。
[PR]
by zochika | 2004-10-05 01:59 | 一日一膳
<< ブログ市場 揚げてないけどやっぱり揚げてる >>