Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
日本より19時間後れだよ。

がんばって作ってみた
b0001980_2015335.jpg
10月15日(金)

日本から遊びにきてくれた姉がいる間に作ってあげたかったものがあります。それは姉の好物のモンブラン。この人はケーキと言えばモンブランが好き、という刷り込みがあるので、どこかでケーキをお土産にすると、いつも最初に思いつくのがモンブランでした。
特に今回、姉には日本からいろいろ運んできてもらったので、それを還元したかったというのもあり、とりあえずがんばって作ってみました。




しかし、モンブランってどう作るの…?と、はたと思いあたる(汗)。よく考えてみると、ちゃんとしたモンブランって作ったことがないかも。というか、何をもってちゃんとしたモンブランになるのか??普段、あまり手のかかるものは作らないので、どうもそのへん不明。
調べた感じでは、メレンゲ+生クリーム+マロンクリームの3層構造が正統なかんじ。でも、台+クリーム+マロンクリームであればもう何でもモンブランになるような気もする。

結局、今回いろいろ買い物をした製菓材料店クオカレシピに落ち着いた。台はメレンゲが面倒なので、タルト生地にしてみた(…タルト作るのも久しぶり)。アーモンドパウダー入りのタルト生地に使ったレシピはこちら

b0001980_20412167.jpgマロンクリームはフランスで買ってきた残り(激甘)で、栗はイタリア産(激甘)、ラム酒はちょっとめずらしいフランス産。ためしに買ってみた。普段はマイヤーズのラムを使っているが、それよりもちょっと香りの柔らかい感じ。

タルト台ができて(ちょっと焦げた 汗)、クリームを作ったら、組み立て開始。

b0001980_20453688.jpgタルト台の上に
クリームを絞って
栗を載せて
またクリームを絞って
ココアをふって
マロンクリームを絞って
粉糖をふってできあがり。

…うちにはモンブラン用はおろか、普通の口金(絞りだし口)すらないので、ビニール袋の隅を小さく切ってクリームを絞りだす。最初はぐるぐる絞ってみたが、線がまっすぐ引けず、うにょうにょになって不気味だったので(汗)縞しまに変更。


b0001980_21151621.jpg直径4cmくらいのミニ・モンブランが完成。…線が超ザツだけど(恥)、それなりに何となくモンブランに見える。見える。見える。見える。見えるに違いない。
全体的に想像以上に軽い口当たりのモンブラン。でも材料は生クリームもマロンクリームも、全然まったく軽くないです、ええ。 。。。

同居人と一緒にサーフィンから戻った姉は嬉しそうにひと口で(すみません、やや誇大)食べてくれました。よかったー。
[PR]
by zochika | 2004-10-17 21:35 | 一日一膳
<< ぷちリゾート ぱつぱつ続き。。。 >>