Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
日本より19時間後れだよ。

予定変更、でも決行
b0001980_5214690.jpg

Tuesday, August 10

今日はいろいろと予定の狂った日でした。がっつり疲れました。。。
先週末バーベキューしに行った、同居人の友人家族が今日はうちに来ることになっていて、わたしは風邪だし正直、別の日に変えてもらおうかと思ったが、お子様方が楽しみにしているようだったので、申し訳ないなぁ、とそのまま準備をすることにした。
家の掃除をしたりしてから買い物に出かけ、あっちゃこっちゃに寄って山ほど食料を買い込んで(前回、みなすごい食べっぷりだったので、、、)家に戻ってみたら、同居人の携帯にその友人から電話が入っていて、かけなおしてみたら、下のお子さん(2歳)が急に高熱を出してしまったので、また別の日にしてほしい、とのことだった。あらあら。
ナマモノとかを買ったわけではないので、食材は取っておけばいいのだけれど、うちの冷蔵庫は既に満杯状態なので、買い物する前に判っていれば、、、と無駄なことを考えてしまった。…っていうか、携帯持ってけよ>同居人。
時間に余裕ができたので図書館に行くはずが、同居人が昼寝してしまったので流れたり、じゃあ、さあ晩飯。という時間になったら突然友人が来てあがりこんでいったり、ちょっとバタバタでした。

で、晩飯。簡単なもので済ますか、と思うも、既に準備しかけのものもあるし、せっかくなのでメニューの一部はそのまま作ることに。




それで今晩のメニューは、豚肉のシードル煮と、サラダ。

b0001980_5282318.jpg豚肉のシードル煮は、数か月前に一度作ったことがあって、豚肉嫌いの同居人が「これはうまい」と絶賛した一品。Trish Deseine著、mes petits plats preferes (2002, Marabout) のなかの、ブッフ・ブルギニヨン(牛肉のブルゴーニュワイン煮)のバリエーションとして、ぺろっと載っていたレシピです。牛肉の代わりに豚肉、赤ワインの代わりにシードルを使うもの。煮込み時間がかかりますが、肉と野菜を刻んで軽く炒めて、シードルと調味料を入れたらあとは煮込むだけなので、簡単。とりあえずこれを最初に準備。

サラダは、今まで作ったなかでも一、二を争う面倒なレシピ。何が面倒だったのかというと、ドレッシングにえらい手間がかかるのです。3日前から数種類のハーブを2種類のワインビネガーに漬け込んで、当日はそれを煮詰め、刻んだエシャロットで風味付けしたピーナツ油とオリーブオイルと混ぜる。普段ドレッシングは買わないし作らない(おいしいオリーブオイルかごま油に塩こしょう、時にしょうゆを入れたりレモン汁を入れたり)わたしにとっては結構な手間。イメージとしては「レストランの前菜に出てくるサラダのドレッシング」てな感じ。
ドレッシングのレシピは、Amanda Hesser著、Cooking for Mr. Latte: a food lover's courtship, with recipes (2003, W.W. Norton & Co.) のものです(12章)。この本、あちこちで話題にのぼっていたので、ご存知の方もあるかもしれません(邦訳が出たようです)。しばらく前に買ったきり読む暇がなくて放置されていたのですが、最近少し時間ができたのでぼちぼち読んでます。試したいレシピがいくつかあるので、しばらくこの本のレシピの登場頻度高いかもしれません。

b0001980_5284998.jpgバルサミコ酢が入るので、出来上がったドレッシングは真っ黒。ちょっと煮詰めすぎたかも。。。味見をしてみると、意外なほどに甘い。たくさんハーブを漬けた割には、すごくハーブの香りがするわけではないし、エシャロットの香りもわずかにする程度。でも、何かひとつの味が突出しているのではなくて、ひとつに混ざり合って複雑さを出しているという趣。
サラダの内容は、葉っぱ類だけ。レシピではタラゴンとチャービルも混ぜているけれど、近所になかったので、近所の自然食品店で買ったサラダミックスを使用。今回はたまたまエディブルフワラーが混ざっていて、ちょっとかわいい。できたサラダは、見た目はシンプルでもていねいな味のするサラダになりました。イメージ通り。
ドレッシングは、買い物するのが面倒で使わなかった材料があるので(赤ワインビネガーとピーナツ油)、次はちゃんと作って、どれほど違うのかみてみたいものです。

b0001980_5292149.jpgさて、ポークのほうは、最後にシードル足したのが失敗…かなり汁っぽくなってしまいました。これじゃまるで、豚汁(汗)。煮込み用の豚肉が見つからなくて仕方なくソテー用の肉を使ったので、煮込んだら固くなるかなと心配していたけれど、思ったほどでもなかった。味のしみ込みがちょっと悪かったけど、おいしかったです。ひと晩寝かせて、明日これを白いごはんにかけて食べるのが楽しみなのです。
[PR]
by zochika | 2004-08-11 20:15 | 一日一膳
<< 新鮮なうちに… 詐欺だ~! >>