Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日本より19時間後れだよ。

和風な西洋料理のはずが
b0001980_6322111.jpg
10月23日(土)

今日も雨、1日雨。買い物にも行けず、晩飯は家にあるもので、と作ったのは、きのこのパスタ。きのこをソテーして和えたパスタはよく作りますが、今日のはちょっと違います。乾燥きのこで作ったペストに初挑戦。




しばらく前に、じゃがいもをワイン(元レシピでは日本酒)で蒸し焼きにした料理を作ったときに知った、Eric Gower氏の著書The Breakaway Japanese Kitchen: Inspired New Tastes (Kodansha International, 2003)。その後、気になったので注文して、それが数日前に届いた。読む前は、「日本料理の素材や感性を取り入れた西洋料理の本」 というものを想像していたのだが、実際には日本料理でもあり、西洋料理でもある、フュージョンのような感じ。日本人にとっては斬新な取り合わせもあったりして、端から試してみたくなるものばかり。

どれから試そうか悩むところだったが、家にあるものでできるものを選んだのが「Shiitake Pesto」。ええ、しいたけのペストです。

既にお気付きの方も多いかもしれませんが、わたしはしいたけが大嫌い。なのになぜコレを選んだかかというと、干ししいたけを水で戻すのではなく、そのままミキサーで粉末状に砕いてペストの材料にするという衝撃的な調理法だったため。しいたけを2人前で10~12枚使うという、わたしなら卒倒しそうな料理だが、乾燥きのこをそのまま粉末にしてペストに入れるという方法はゼヒ試してみたかった。

b0001980_652212.jpgそこで、家にある他の乾燥きのこを使ってこのレシピを試してみることに。使ったのはポルチーニと、ブラック・トランペット、オイスターマッシュルーム、等。それから黒トリュフも(まだ残ってたのです)。結構大量に使用。

これらをミキサーで砕いて、他の材料(ナッツ、クリームチーズ、にんにくなど)を混ぜ込む。にんじんジュースを入れるとよいということだったので、にんじんをすりおろして搾って入れようと思うも、どうせペーストにするんだしなぁ、ということで汁だけでなく身ごと投入。(白ワインなど入れたい衝動に駆られたものの、今日はがまんがまん。)塩こしょう、オリーブオイルも入れたらパスタにからませて出来上がり。オーブントースターでさっと焼いたしめじを載せて、パルミジャーノ・レッジャーノチーズをふってみた。

b0001980_72212.jpgあれだけ大量にきのこを入れたら、どれだけきのこきのこした味になるかと思っていたら、案外そうでもなかった。他の材料の味と相まって、奥行きのある味わい。あと、ちょっとトリュフの味が目立っていたので、あれは入れすぎだったかもしれない。。。

きのこがたくさん入っているので秋っぽい、と言いたいところだが、これはどちらかというと冬によさそうな料理。かなり濃厚な味で、相当食べ応えあり。かなりしっかり塩を効かせたほうがおいしいかもしれない(キケンだ…)。

しかしこれ、全部しいたけで作ったらどんな味になるんだろう。。。わたしは恐ろしくて試す勇気はないが、誰かしいたけ好きな方が試してみたら、その感想は聞いてみたい気がする。

The Breakaway Japanese Kitchen の本は、Eric Gower氏のウェブサイトで目次が見られます(ここ)。一部レシピも載ってます。

…それにしても、だ。
前回のじゃがいもといい、今回のパスタといい、レシピの中心的存在である日本の素材を、すっかり洋風なものに変えてしまっている、わたくし。。。(日本酒→白ワイン、しいたけ→ポルチーニ等)。これじゃ全然、和風でもなんでもないというか(汗)。
[PR]
by zochika | 2004-10-25 07:20 | 一日一膳
<< ぷち家出 地震 >>