Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
日本より19時間後れだよ。

機嫌直しケーキ
b0001980_21334958.jpg
10月27日(水)

ええと、今日のケーキは、北国から、冬場の暖炉の火のように明るく暖かい心で、冬の朝の寒さのように鋭いボケをとばし、うーむと考えさせられる話題のなかにも笑いをちりばめて発信されている、自称栗フェチsymzakさんへ捧げます。お誕生日だと小耳に挟んだので。おめでとぉ~!!(時差があるので実際には28日とのことです。)

というのは実は後知恵なんですが(汗)、昨日は、鬱々とした気分を盛り上げるためにウマいもんでも作るか~ということで、前々から予定していた栗のムースを作成しました。元レシピはスポンジケーキでムースをくるんで棒状にした、やや手の込んだもので、スポンジは面倒なので省略するつもりだったのを、ふとムースだけ作るのもなぁと思い、急に予定変更してスポンジも焼いて、ロールケーキ仕立てにしてみました。




ロールケーキ作るのなんて何年ぶり…?という感じ。というか、最近スポンジを焼かないので、そこからして久しぶり。

元レシピは、渡辺みなみさんの昔の本。彼女の初期の本は、かなり手の込んだレシピが多かったが、当時はわたしもお菓子作りに気合が入っていたので、結構いろいろ試したものだった。今回の栗のムースも、10年くらい前に一度作っているのだが、そのときは確かマロンペーストが手に入らなくて、生の栗を蒸して裏ごしして使ったような気がする。…ないものは作るしかないとはいえ、今では考えられない気合の入りよう。。。

b0001980_21342366.jpg今回はしっかりペースト使用。Sierra Ricaというスペインのメーカーのペーストは頂き物♪で、写真に一緒に写っている紙箱は加熱した栗のレトルトパック。こちらは、出先で見つけたので自分で買ったもの。このペースト、甘すぎずしっかり栗の味がしてかなりおいしい!


b0001980_21343695.jpgムースに入れる栗は、今回はその同じメーカーのものではなくて、ゼイタクに渋皮煮!を使用。刻んでブランデーに漬ける傍ら、ちょこっと味見してみたら…うむ。甘い。。。栗の渋皮煮は大好物だが、改めて考えると既製品を買ったのは初めてだった。普段は、母か叔母が作ってくれるのをイタダクのだ。
今年も宜しく~作ってとっておいてね~~ >母上様、叔母上様


ケーキ生地は、元レシピでは普通のスポンジのところを、今回はチョコレート風味にしたかったので粉の一部をココアに代えてみた。…しかし、もうちょっと濃い感じになるはずだったのになぁ。もっとたくさん入れればよかった。。。
ムースのほうは、どちらかというとババロアのような生地。卵黄にマロンペーストと牛乳でカスタードを作り、生クリームを足す。そう言えばババロアも昔はよく作ったけど、久しぶり。

b0001980_21345437.jpgスポンジ生地がすっかり冷めて、ムース生地もいい感じの固さになったら、スポンジにシロップ(生地のココアが足りなかったのでシロップにはチョコレートリキュール入り)を塗って、その上にムース生地をぽてぽて塗って(ホントは生地のこんな端っこまでクリームを塗ったら、巻いたときにはみ出るので×なんですが、、、思いっきり塗っちまいました)、刻んだ栗をぱらぱらと並べて、えいや~と巻く。


昨日ここまでやったところで、夜は外食して満腹になったため、昨日は端っこをちょこっと味見して終わりました。なので今日のおやつ。
b0001980_21392035.jpg
スポンジは、焼き上がりの感じがちょっとふわふわ感に欠けるかな、と思ったけれど、食べてみるとしっとりふわふわ。でもやっぱりもう少しココアの味が効いていればなおよかったな。。。ムースは、もっと栗!栗!してるかと期待してたが、割と軽め。全体的にふわふわ軽いお菓子で、ひと切れ、ふた切れはぺろっといけます。というか、もう残り、わずかです(汗)。こわっ。。。

symzakさん、代わりにしかと食べておきましたよ~~っ!!
(すみません、事後報告で)
[PR]
by zochika | 2004-10-28 21:49 | 一日一膳
<< ハロウィーンに備えて(か?) ごめんなさいディナー? >>