Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日本より19時間後れだよ。

本日本番
b0001980_23541446.jpg

Thursday, August 12

火曜に同居人の友人家族がうちに来る予定が延期になったのが、今日ということになった。メニューは既に決めてあって、材料もだいたい買ってあったので、今日はそれほどばたばたすることもなく準備…のはずだった。

人に料理を出すときは、メニューを決める前に必ず、その人が何を食べられないかを聞くようにしている。で、今回も、向こうに聞いてくれるように同居人に頼んでおいたのだが、どうも聞かなかったようだった。でも、向こうのお宅にバーベキューしにいったときは、肉あり魚あり野菜ありで、(お子様はともかく)ご夫婦とも普通に食べていたようだったので、まあ、すごく変わったものでなければ大丈夫かな、と思っていた。




予定していたメニューは、サラダに野菜のローストと、鶏肉をバーベキューソースで焼いて、豚肉のシードル煮にするというもの。このうち、サラダとポークは当日決行していて、サラダはともかく、また豚肉ってのはなぁ、ということでメニュー変更を検討。先日買ったバーベキューソースをチキンで試したかったのだけれど、それを牛肉に変更して、その代わりにオレンジ・チキンを作ることにした。デザートにはネクタリンのタルト。

昼過ぎに、足りない食材を買出しに出かけて、帰宅してそのまま準備開始。豚肉のシードル煮をやめたので、調理に時間がかかるものは何もない。
まずはオレンジ・チキンを準備。もう、いいかげん何度も作っているのですっかり元レシピから離れて自分風に落ち着き、同居人も何度も手伝ってくれているので、マリネ液は作ってもらった。それから、ローストする野菜の準備をして、牛肉の下準備をして、米をといで、デザートの下準備。そうこうしているうちにお客が到着。小さいお子さんのいるご家族なので、早く帰れるよう、夕食も早め。
とりあえず枝豆と飲み物を出して、同居人がお客の相手をしている間に、チキンを焼き、野菜を焼き、牛肉を焼き、サラダを作る。先に野菜類を出そうかと思ったが、肉も準備ができてしまったので、もう全部一緒に出すことにした。

…と、その、料理を作っている間に、同居人がお客と話していて、衝撃の事実が発覚。
そこのご家族は、だんなさん以外は肉を食べないらしい。

…。

ガーン。今日、肉ばっかじゃん。。。野菜もあるけど…。

こないだ肉を焼いてくれたのは、わたしたちがいたからであって、奥さんとお子さんは魚しか食べていなかったのだ。うちは同居人が魚がだめなので、今日も魚のメニューは考えていなかった。。。奥さんは「野菜もコメもあるし、大丈夫よ~、気にしないで」と言ってくれたものの、もう、申し訳ないやら、恥ずかしいやら。。。同居人は、電話確認を怠ったことを激しく後悔していた。

とにかく料理を出して、いただきまーす。大人4人分を考えたうえで多めに焼いたつもりの肉も、だんなさんと同居人がたくさん食べてくれたので、気付いたらほとんどなくなっていた。ローストした野菜も、気付いたらなくなっていた(わたくし、全然食べられなかった)。でも、皆さん気持ちよくたくさん食べて、ほめてくれたので(アメリカ人は料理をほめるのがホント上手なのです)、とりあえず、よかった。

デザートのタルトは、食事をする前に焼き始めようかと思ったが、全然お客と一緒に食卓に着かないのも失礼なので、とりあえず食べてから焼き始めた。今日作ったのは、サラダのドレッシングと同じくAmanda HesserのCooking for Mr. Latte に出ていた、ピーチ・タルト(第24章)の応用。バターではなくオイルを使ったパイ生地の上に果物を並べて、クランブルのような生地を上から振って焼くもの。今回は桃の代わりにネクタリンを使ってみた。前にも買ったwhite nectarineと、たまたま横にあっておいしそうだったhoneysweet nectarineを混ぜて使用。焼く前に味見してみたら、ホワイト・ネクタリンのほうは、どうも熟れかたがよくなくてイマイチだったけれど、もう一方のほうはハニースイートというだけあって、かなりおいしかった。

b0001980_235533.jpg生地も作って、ネクタリンもスライスして準備は全部整っていたのだが、焼き時間が結構かかるレシピだったので、お客をお待たせしてしまった。お子様が食事が済んだら満腹でそろそろ疲れてきたらしく、だんなさんは、申し訳ないけどそろそろ帰ろうか、というようなことを言っていたが、奥さんの「デザートがあるじゃない!」の一言で、却下。

b0001980_23553889.jpg35~40分焼くというところを、ぎりぎり30分焼いたところで出してしまった。型ごとテーブルに出して、バニラアイスを添えて食す。初めて作ったレシピなので(お客に出すってのに、、、)どんなものかと心配していたが、とてもおいしかったし、非常に喜んでいただけて、よかった。ネクタリンを食べたことがあるかどうか判らない(!)ので、ちょっと懐疑的だった同居人もたいそうお気に召したようで、ひと安心。20cm角の型で作ったタルトが小さなひと切れを残して完売寸前。嬉しい限りです。

お子様もデザートをしっかり食べたところで、またね~と帰っていった。同居人の犬は、人懐こいほうなのだが、お子様がすごい勢いで構っていて、最初は楽しそうに遊んでいたのだけれど、だんだん疲れてきて、さらに同居人が子供のために作っていた風船を子供が振り回してバンバン割れるので、その音も怖かったらしく、しまいには自分の部屋へ逃げていった。あれくらいの年齢の子供(5歳と2歳)が来て遊んだのは思えば初めてだったようで、「もうカンベン」と顔に書いてあった。
いい方たちなので、楽しかったのだけれど、今日は酷暑のなか昼過ぎから買い物、料理、片付けをぶっ通しでやっていたので、わたしもぐったり疲れてしまった。片付け全部終わってないけど、横になって休んだらそのまま爆睡してしまいました。。。で、夜中にごそごそ起きだしてます。また寝ないと。
[PR]
by zochika | 2004-08-13 23:57 | 一日一膳
<< イマイチ 流星群 >>