Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
日本より19時間後れだよ。

偉大なる料理専門家に敬意を表して
b0001980_1926434.jpg
Sunday, August 15

昨日ファーマーズ・マーケットに行ってたくさん買ってきた野菜。夏本番なので、ラタトゥイユが作りたいと思って買ったものです。本当は昨日のうちに調理して今日食べたかったのですが、昨日は余裕がなくて今日になってしまいました。

夏野菜をオリーブオイルで煮込む南仏料理、ラタトゥイユは、姉と一緒に住んでいた頃、夏になると飽きるほど作ったものです(飽きなかったけど)。野菜をブツブツ切ってオリーブオイルで炒めて、あとは煮ておくだけという簡単な料理で、使う野菜もレシピによってまちまち。今回も、適当に作るか、またはレシピを適当に見繕って、と思っていましたが、ふと気が向いて、あるレシピを使ってみました。




それは、先日亡くなったアメリカのフランス料理の第一人者、Julia Childのレシピ。

Julia Childと言えばアメリカでは大変著明な料理専門家で、何らかの形で彼女の影響を受けた料理研究家やシェフの多くが今日、第一線で活躍しているようです。わたしは彼女の料理をよく知らないので(というか、アメリカの有名な料理研究家は誰のこともよく知らないです、、、)何とも言えないのですが、彼女のレシピは手が込んでいて難しそう…という印象を抱いていました。
それで、今まで彼女のレシピはひとつも試したことがないのですが、今回、ラタトゥイユを作ろうと思っていたときに、他所でJulia Childのレシピのラタトゥイユは手がかかるけれどおいしい、という話を聞いたのを思い出したのでした。
で、さっそくネットで検索したところ、こんなのとかこんなのが出てきました。

この2つのレシピ、大筋では同じなのですが、分量と手順が微妙に違う。Mastering the Art of French Cooking, Volume I (初版は1961年!) という本に載っているらしいですが、持ってないのでどちらが本当なのかは判りません。。。
基本的には、野菜を別々に炒めて、鍋に段々にして入れて再度煮る、という確かに面倒なもの。野菜を別々に炒めて最後に一緒にするというラタトゥイユの作り方は他所でも見たことはありますが、このレシピでは、とにかく「かきまぜない」。あたかも、それぞれの野菜の独立性を保つかのように、いろいろな野菜を「合わせる」ことはしても「混ぜる」ことはしない、という感じ。
ふたつのレシピで大きく違うのは、一方ではなすとズッキーニをオーブンで焼いているけれど、もう一方ではスキレットで焼くことになっているところ。結局、わたしは全部スキレットで焼くほうを選択。野菜の分量ははかりがないので、まったくテキトー。というか、野菜の種類も、レシピではなす、ズッキーニ、たまねぎ、ピーマン、トマトとなっていますが、今回は普通のズッキーニのほかにyellow squashという、ヘンな形をした野菜も使用。これは先日、お客が来たときにローストしたものの、わたしは食べられなかったのですが、同居人いわく「ズッキーニと同じ味」とのことなので、色合いよくするために使ってみました。それから、ラタトゥイユには赤ピーマンが入っているのが好きなので、これも使用。たまねぎは、甘みの強いマウイ・オニオンを使用。トマトはローマ・トマトを買いましたが、量が足りなさそうなので、缶詰のホールトマトも併用。さらに、レシピではハーブはパセリだけしか使っていないけれど、わたしはタイムが好きなのでパセリとタイムを使用。
…結局、元レシピとはかなり違う内容になってしまいました。

b0001980_19272195.jpgそれでも、手順だけはレシピにほぼ忠実に従いました。なす・ズッキーニを炒め、たまねぎ・ピーマンを炒めてトマトを載せて軽く煮て、2種類の野菜ミックスとハーブを合計5段に重ねてさらに火を通します。難しくはないけれど、確かに手がかかる。
b0001980_19275458.jpgかきまぜないように、と思っていたのですが、やっぱり野菜が結構崩れてしまって、出来上がりはちょっとふにゃっとした感じになってしまったものの、味は確かに今までと違う。まず、やはりそれぞれの野菜が自己主張している。最初に色がつくまで炒めたなすは、皮のぐにゃっとした感じがなくなっていて、実はなすは皮が硬いので皮を縞目にむいたのだけれど、それも必要なかったかも、という感じ。そして、どの野菜も、甘い。味付けは塩と少しのこしょうだけなのに、びっくりするくらい味が出ていて、スープの素を入れたのかというくらい。

ラタトゥイユを初めて食べる同居人は、いたく感動しておりました。大絶賛されたのは嬉しいけれど、最初に食べたラタトゥイユがこんなに手がこんだものじゃ、今後テキトーに作ったものじゃ満足できないかも。。。ちょっと失敗。(?)
b0001980_19281586.jpg
あ、バジル載せるの忘れてました。。。食べるときはちゃんと載せましたよ。これをひと晩置いて、明日食べるのが楽しみです。

…が、大好きなラタトゥイユも、体を冷やす夏野菜の食べすぎは冷え性にはツライ。。。少し体質改善しないとと叱咤激励される今日この頃です。
[PR]
by zochika | 2004-08-16 19:39 | 一日一膳
<< 約30年前のアメリカにおける味噌汁 朝のファーマーズ・マーケット >>