Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日本より19時間後れだよ。

ラクなような、そうでもないような
b0001980_19172761.jpg11月5日(金)& 6日(土)

金曜の昼間、作業の合間に(ホントですって)ネットを徘徊していたら、オーブンで作るリゾットというレシピを見つけました。リゾットといえば、本来ならば鍋で米を炒めて水を足し足し、ひたすら混ぜながら作るわけですが、オーブンで調理すればずっと張り付いて鍋番をする必要もなし!とな。ふむふむ。

そのレシピがまた、きのこのリゾットのレシピで、ちょうど冷蔵庫にマッシュルーム類がごろごろ余っていたので、ちょうどいいや~と金曜の晩飯はこれに決定。




オーブンでリゾットなんてへぇ~っと思ったけれど、よく考えると、オーブンで米料理をしたことがないワケではない(その昔、オーブンの天板でパエリアを焼いたことがある。パエリアパンなど持っていなかったし)。レシピの作者で、イギリスの著名な料理研究家?のDelia Smith自身、イタリアにもこうやってオーブンで調理する米料理がある、と書いていたので、まあものすごくめずらしいわけではないのかも。

b0001980_1953426.jpgレシピにはまったく書いていないのだが、ふと、頂き物の赤米を入れたら合うかなぁと思ってごそごそ出してきたのは、フランスの米どころ、カマルグ産の赤米。同じくカマルグ産の海塩も一緒に使えばちょうどいい。これを、リゾット用のアルボリオ米にひとつかみくらい混ぜてみた。
米がきれいな赤色になるかな?♪


乾燥ポルチーニを熱湯で戻すかたわら、たまねぎをみじん切りにして、大量のマッシュルームも刻んで、それを炒めること合計30分ほど。む、何気に時間がかかっているような。。。
米と具が全部入ったところで、水分投入。元レシピでは、マデラ酒を使うことになっているが、うちにはないのでブランデーと赤ワインを混ぜてテキトーに代用。…というか、こんなもの入れたら、赤米入っても入ってなくても赤くなるだろうってもんでしたね、はい。

b0001980_19191873.jpg…それにしても、酒が150ccって結構な量ではないか。わたしは結構、料理には酒をだぼだぼ使うほうだけれど、一度にこんなに使うことはそれほどない。うーむ、どんな味になるんだろう。。。

レシピ通りだと水分がやけに多いような気がしたので、ポルチーニの戻し汁は多少残しておいた。オーブンに入れる前はこんな感じ。水分たぱたぱ。

20分焼いたのち、いったん取り出してチーズを入れ、全体を混ぜてさらに焼くこと15分。取り出した時点で水分はほとんど吸い込まれていたので、戻し汁の残りも全部投入。

焼きあがると、まあ、赤いというよりは茶色いというか黒い。

味は普通にリゾットの味。こんなにたくさん酒が入ってどんなもんかと思ったが、出来上がりは酒っぽさは別になく、でもさすがに白ワインで作るきのこのリゾットよりは味が強い。

レシピには、作ったら即!食べると書いてあって、確かにその通りなのだけれど、翌日温めて食べたのも味がなじんでおいしかった。

…しかしだ。たまねぎとマッシュルームを炒めるのに約30分、オーブン調理が計35分、調理時間は合計したら1時間以上。普通のリゾット作るのにこんなに時間はかからないわけで、まあ確かにずーっとオーブンに張り付いてなくてもよいとはいえ、普通のリゾットよりもお手軽かどうかは不明な気がしました。。。

でもこれでようやく先週末にバカみたいに買い込んだ野菜類がようやくはけて、冷蔵庫も若干すいてきたので、土曜の今日はひさびさに買出し。それ以外はひたすらパソコンに張り付いて作業な1日。明日も引き続きこんな感じでしょううううるうる。
[PR]
by zochika | 2004-11-06 23:46 | 一日一膳
<< 食べたことないけど懐かしい味 旅のおもひで:イギリス編 (1) >>