Top

ハワイ発、ハワイとは関係ない日々の食べ物記録+α(~2005年2月)
by zochika
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
日本より19時間後れだよ。

町いちばんの正統派イタリアン
b0001980_1923414.jpg
11月10日(水)

今日ももー暑くて暑くて、、、ハゲるかと思いました。。。(どんな暑さだ!?)
そんななか、昼は外食。近所に正統派イタリア料理店ができたらしいから行ってみようよ、としばらく前に同居人が話していたのですが、今日また突然「行ってみよーよーー」というので行ってきました。というか、まだランチしか開けていない店らしいのです。

行ってみると、しゃれっ気も何もない小さなレストランで、さてどんな正統派イタリア料理が出てくるのやら、興味半分怖さ半分。




メニューもぺらっと白い紙1枚で出てきて、前菜はカプレーゼと普通のサラダくらい。パスタはごくごくスタンダードなものが10種類程度、しかも、パスタ4種類×ソース3種類の組み合わせで10種類あるかどうかというところ。

うーん、と考えていたら、壁のホワイトボードに「本日のスペシャル」すなわち日替わりメニューが3~4種類書かれていて、全部パスタ料理なんだけれど、そちらは割と変わった感じのものがアリ。なので連れもわたしもそこから1品ずつ選び、カプレーゼを2人で1皿注文。

b0001980_19293657.jpgしばし待って出てきたカプレーゼ。2人とも空腹だったのでがふがふ食べる。トマトが熟しきってない気がしたが、味はうまい。レタスにかかっているドレッシングも丁寧な味がしておいしかった。
でも、カプレーゼにバジル入ってないんだね~と聞いてみたら、「オレガノを入れることはたまにあるけど、カプリ島(カプレーゼ発祥の地?)ではバジルは使わない」と言い切られた。そ、そうなの??

b0001980_19344651.jpgともあれパスタ。最近、外食になると魚介類ばかり頼んでいるわたしは、今日も魚介類。スモークサーモンとキャビアのバタークリームソースのペンネというのがあったので迷わずそれ。
キャビアなんて申し訳程度についてくるのかと思ってたら、結構どさっと載っかってきてびっくり。サーモンが少なめに見えるが、食べ始めたら下のほうにソースと一緒にたくさん混ざっていた。サーモンもキャビアもしっかり味がして、こりゃうまい!
あんまりおいしそうには見えないのだが、パンもなかなかいけていた。

このパスタ、最初はたいして量がないと思ったのだが、食べ始めてみたらなぜか相当腹にたまってきて、最後まで食べようかどうしようか自問自答しつつ、完食。夜だったら絶対半分でやめてたと思うけど、ま、昼間だし。

デザートにティラミスがあったので、正統派イタリア料理店ならば食べてみないわけにはいかぬまい。とか思っていたのだが、腹一杯でもう動けませぬ。。。という状態に。で、結局ティラミス1人分とコーヒー1杯をお持ち帰りにしてもらうことに。

ところで、食事中にもちらっと奥からおじさんが現れていたのだが、そのおじさんがコックのようだった。「あの人イタリア人かなぁ?」「どうだろう、わかんないねぇ」とヒソヒソ喋っていたのだが、食後にティラミスとコーヒーを待っている間にまたおじさんが現れて、ちょっと話をしたので聞いてみたらイタリアから来たイタリア人だった。トスカーナ地方はピサの隣町あたりの出身らしい。店内に置いてあったトスカーナ地方の本を持ってきていろいろお喋りになった。さすがイタリア人。

で、話の流れで連れがリモンチェロ(イタリアのレモンのお酒)の話を出したら、おじさんがの目がキラリーン。「あんなようなお酒をつくってるんだけど、よかったら飲む?」と。しかし連れは禁酒中、、、2人で目を合わせたけれど、せっかくだしいただくことにした。

b0001980_19482760.jpg小さなショットグラスに3分の2くらい持ってきてもらった、クリーム色のお酒。「地元の果物でつくってるんだけど、何だかわかる?」と聞かれ、飲んでみると…しっかりするする、パッションフルーツの味!(ちなみにハワイではパッションフルーツのことをリリコイと呼びます)。大当たりでした。他にもしょうがとかグァバでもつくっているのだとか。
連れは禁酒中なのでぺろっとひと口舐めただけで、残りはわたしが飲んだ。ああ、帰ったら作業があるんだけど(汗)。

「食後酒だから消化にいいし、殺菌効果もあるからね!」と満面の笑みで言われたが、案外ほんとうかもしれない。さっきまで満腹で動けなかったのが、少しだけ大丈夫になっ(たような気がし)て帰路に就いた。

b0001980_19543821.jpgそれでもデザートが入るほど消化が進んだわけではなかったので、ティラミスはお持ち帰り。だいぶ時間が経って夕方になってから食べてみた。見た目よりもしっとりした味で、お酒ききまくり~。わたしがイタリアで食べたティラミスがどれもいまいちだったのだが、それよりはおいしかった。同居人には、ちとコーヒーが強すぎたらしいが。


で、正統派イタリア料理。前にも行った、ダウンタウンの一等地にあるイタリア風カフェレストランがハワイ風のイタリアンだったのと比べると、確かにより本場に近いイタリアンとは言えるかもしれない。味はびっくりするほどおいしかったわけではないが、普通においしかったし。ランチのパスタもそれほど高くはなかったように思う。

…が。わたしが選んだパスタがサーモンとキャビアのおかげ(?)でやや高め($10)だったり、お酒をもらったので(メニューにはないので請求もなし)チップをはずんだりした結果、最終的には2人で$45になった。飲み物は連れがジュース1杯にわたしがコーヒー1杯だし、デザートは2人で1人前だし、ランチにしてはちっと高いよな~と思ってしまふ。。。
田舎のくせに割高なハワイの外食事情でした。。。

あ!ところで!
2~3週間前に禁酒宣言をし、クリスマスまでは飲まない、いや、サンクスギビングまでは、とさんざん自分で豪語していた同居人。「飲んじゃだめ?」とかしつこく人に話しかけつつ(わたしは禁酒してくれと頼んではいない)、結局自分で自分を嘲笑しつつ今晩ビール飲んでました。
別に、問題起こさない程度に酒飲むのは構わないと思うけど、あまりの意志の弱さに笑えてきましたね。。。
[PR]
by zochika | 2004-11-11 02:40 | 一日一膳
<< 旅のおもひで:ヨーロッパ大陸初上陸編 ホワイトチョコレート&マカダミ... >>